俳優の眞栄田郷敦が、4月スタートのTBS系連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(毎週火曜 後10:00)に出演することが決定した。多部未華子演じる仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子・相原メイと同じ勤務先『天保山製薬』横浜支店に入社してきた新入社員・瀬川遙人(せがわ・はると)を演じる。

【画像】『私の家政夫ナギサさん』の原作書影

 電子書籍サイト『コミックシーモア』(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』(著者:四ツ原フリコ)を実写化した。仕事一直線で頑張ってきた不器用なアラサー独身女性・メイと、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・ナギサさん(大森南朋)が、周囲を巻き込みながら本当の幸せを探すハートフルラブコメディ。

 原作にはないドラマオリジナルのキャラクターとなる遙人は、効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」だと煙たがられる。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でも可愛がられるようになっていく。そしてメイとの関係にも徐々に変化が現れるように・・・!?

 また、動画配信サービス『Paravi(パラビ)』ではオリジナルストーリー『私の部下のハルトくん』を独占配信することが決定。イマドキ男子・遙人の新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情を描き、彼が一人前の社会人になるまでを見守るプチ成長物語。メイの同僚・堀江耕介を演じるハナコの岡部大や、メイの後輩でチームメンバー・天馬あかりを演じる若月佑美も出演予定。本編とどうリンクしていくかも見どころのひとつだ。

 眞栄田は「遙人は魅力的で中毒性のあるキャラクターなので演じるのがとても楽しいです。現場の雰囲気もすごくいいですし、3ヶ月間楽しめそうな予感がしてます」と期待に胸を膨らませた。続けて「遙人がなんでも携帯電話にメモするところは僕も同じです! 効率化を優先させる気持ちはわかりますし、突っ込みどころ満載なイマドキなところもあるので、そこは見ている方々に笑ったり、共感して見ていただきたいなと思います」と呼びかけている。

 初共演となる多部とは「お互い人見知りで撮影初日はあいさつ以外言葉を交わしていません…。でもその空気感が落ち着くというか安心感があります」と親近感もわいている様子。「まだまだ未熟な部分がいっぱいありますが、先輩方やスタッフの皆さんの力をお借りしながら魅力たっぷりな遙人を演じていきたいです」と意気込みを語っている。