女優の吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『知らなくていいコト』(毎週水曜 後10:00)が、11日放送の最終話を前に共演の柄本佑とともにクランクアップを迎えた。吉高は「皆さん最後までお疲れ様でした。とても思い入れの深い作品になりました。今回、こういう役柄は初めてで、いろんな挑戦と経験をさせていただきました」と感動の面持ちでスタッフに向けあいさつした。

【写真】重岡大毅ら編集部キャストもクランクアップ

 最後の撮影は、ケイト(吉高)が尾高(柄本)に「話したいことがある」と呼ばれ、夜、尾高のスタジオを訪ねるシーン。先の見えない2人の関係に意外な結末が訪れる、最終回のキーとなる重要な場面だ。張り詰めた緊張感のなか、スタッフから「オールアップです!」の声がかかると一同から歓声と大きな拍手が。一転して笑顔となった吉高と柄本にスタッフから花束が贈られた。

 主人公『週刊イースト』の記者・真壁ケイトを演じた吉高は「スタッフさん達がみんな、きっと寝る時間も少ないのに、現場では笑顔でいてくれていたのが、いつも私の力になっていました。次にまた皆さんと会う時は、成長できていたらなあと思います」と気持ちを新たに。そして既婚者のカメラマン・尾高由一郎として一躍注目を浴びた柄本は「『知らなくていいコト』チームの総合芸術として尾高由一郎という存在を作り上げることができました」と感謝を込めた。

 一方、『週刊イースト』編集部のクランクアップでは岩谷編集長役の佐々木蔵之介や野中春樹役のジャニーズWEST・重岡大毅をはじめ編集部員が勢ぞろい。自身の撮了は別日だった重岡も加わって、にぎやかな集合写真となった。これまでの爽やかイメージから一転“クズ役”で新境地をみせた重岡も「ほんまに、これまでにこんな役演じた事がないから(笑)!滅多に巡り合えない役だと思うんですけど、演じられて良かったなと、めっちゃ思ってます」と達成感をにじませていた。

■キャストコメント

吉高由里子
「皆さん最後までお疲れ様でした。とても思い入れの深い作品になりました。
今回、こういう役柄は初めてで、いろんな挑戦と経験をさせていただきました。
スタッフさん達がみんな、きっと寝る時間も少ないのに、現場では笑顔でいてくれていたのが、いつも私の力になっていました。
次にまた皆さんと会う時は、成長できていたらなあと思います。
終わっちゃうのが寂しいと思う作品になってくれて、その分嬉しさもあります。
またきっとお会いしましょう。皆さん、大好きです!」

柄本佑
「ありがとうございました! 滅多にやれないような男前な役で、どうしようと思っていましたが、「知らなくていいコト」チームの総合芸術として尾高由一郎という存在を作り上げることができました。いろんなところで反響も頂けて、フィクションでもそうやって人物を作り上げられるんだなと、「知らなくていいコト」チームの“腕”を感じました!
皆さん、本当にありがとうございました!」

重岡大毅
「本当にありがとうございました!
ほんまに、これまでにこんな役演じた事がないから(笑)!
滅多に巡り合えない役だと思うんですけど、演じられて良かったなと、めっちゃ思ってます。
チャレンジングでしたけれど、皆さんのおかげですごく(現場の)雰囲気が良かったので、思い切って色々挑戦できました。めちゃくちゃ楽しかったです! 
また皆さんと楽しいことが出来たらと思っています。
本当に皆さん、ありがとうございました!:

佐々木蔵之介
「初めてこのセット(週刊イースト編集部)に入ったときには、圧倒されて負けそうでした。この広い編集部で、この編集長の席に座るのか、どうしようかな、という気持ちでしたが、毎話の脚本と、スタッフ、キャスト皆さんのおかげで、岩谷編集長という役をさせて頂きました。編集長の席に座っても落ち着ける状況になり、本当に楽しかったです。
(岩谷は)出世して、あと5年あったら社長になっているかもしれませんね(笑)。
そして、何より座長(吉高由里子)! どんなにしんどくても泣き言を言わずに、楽しく明るく現場を支えてくれた吉高さん、本当に有難うございました! 
今日でこの編集部のセットも最後です、皆さん本当にお疲れ様でした!!」