“ひとり芸”No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2020』が8日に行われ、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルが優勝した。新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一般客の来場を取りやめて史上初の“無観客”大会となった点も大きく注目を集めた。

【写真】優勝の野田クリスタルが披露した“もも鉄”ゲーム

 大会前にダウンタウンの松本人志が自身のツイッターを更新し「無観客のR-1グランプリ。お客さんの笑い声がないと審査員もたいへんだ。センスが問われるからね。明日はしびれるね」とつぶやいていたが、その言葉通り、無観客という異様な空間でのジャッジは審査員の桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、友近、勝俣州和を大いに悩ませたが、“視聴者”の力も絶大だった。

 大会の様子はカンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送(後7:00)。今回の状況を踏まえて、同局は視聴者の声をより反映させ、番組を盛り上げる施策として、視聴者投票を実施することが決定した。審査員の評価に加え、視聴者投票として、テレビのデータ放送による「dボタン投票」と、同大会ツイッター公式(@R1GRANDPRIX)からの投票を受け付けると放送前に発表した。

 審査員も無観客の会場に独特の空気を感じ取っていたようで、勝俣が冒頭で「お客さんがいない状況で、100%でぶつけてほしいですよね。みんなで盛り上げていきましょう」と宣言。友近は「芸人さんのタイプによっては、お客さんがいない方が本当にやりたいことをぶつけられるタイプもいらっしゃると思う」と話しながら、得意ネタである上沼恵美子のものまねをしながら「ここはもうリサイタルなんだということで…こんなところにCDが」と『M-1』での名場面を再現。審査員も“プレイヤー”となって、会場の雰囲気を温めた。

 審査の結果、Aブロックは野田、Bブロックはすゑひろがりず南條、Cブロックは大谷健太がファイナルステージに進出。下記に記したポイント付きの審査結果を眺めてみると、野田と南條は6ポイント、大谷も4ポイントと、やはり「dボタン投票」「ツイッター投票」の2つが結果に大きな影響を与えていることがわかる。決勝後の打ち上げ番組にて、昨年王者の粗品も「ツイッターとお茶の間、2発あったじゃないですか。これまでの『R-1』の中でも一番視聴者の方が決めたっていう感じがありますね」と指摘している。

 一方で、審査員票のばらつきもドラマを生んだ。Bブロックでは、「dボタン投票」「ツイッター投票」で最多6票を獲得した南條が独走するかと思いきや、審査員がほしのディスコとななまがり森下に票を投じた結果、3人が9票で横並びとなる事態に(視聴者投票での最多票数を獲得した南條が進出)。続くCブロックでも、ワタリ119がdボタンとツイッターで6票を獲得したが、審査員票がおいでやす小田と大谷に流れ、結果的に敗者復活から大谷がファイナルステージへと駒を進めた。Bブロックの寸評では、文枝が「激戦でしたね。森下さんは最後まで乳首を隠さない(ネタなのか)。観客がいるともっと盛り上がるか、そこがわからない」と率直な胸の内を吐露していた。

 さらに、ファーストステージで審査員全員から2票を獲得した芸人が誰もいないことからも、審査員が今回かなり苦悩していたことがわかる。賞レースでは、往々にして審査員も審査される傾向にあるが、今回は“観客の笑い”という評価基準のひとつがほぼなくなってしまい、非常に難しい舵取りを強いられたであろう。優勝者が決まった後、文枝が「無観客を感じさせないで本当に頑張ったと思います」と芸人たちに賛辞を送ると、久本も「本当にすばらしかった」と健闘を讃えた。いつもよりもヒリヒリして始まった『R-1』も無事に終え、ファイナリスト、審査員、司会者の全員が安堵している姿がなんとも印象的だった。

■『R-1ぐらんぷり2020』審査結果

Aブロック
メルヘン須長:2ポイント(dボタン2票)
守谷日和:4ポイント(関根勤1票、友近1票、ツイッター2票)
SAKURAI:9ポイント(桂文枝2票、久本雅美1票、陣内智則1票、友近2票、勝俣州和1票、dボタン1票、ツイッター1票)
野田クリスタル:15ポイント(桂文枝1票、関根勤2票、久本雅美2票、陣内智則2票、勝俣州和2票、dボタン3票、ツイッター3票)

Bブロック
ルシファー吉岡:3ポイント(陣内智則2票、ツイッター1票)
ななまがり森下:9ポイント(桂文枝1票、関根勤2票、久本雅美1票、友近2票、勝俣州和2票、dボタン1票)
ほしのディスコ:9ポイント(久本雅美2票、陣内智則1票、友近1票、勝俣州和1票、dボタン2票、ツイッター2票)
すゑひろがりず南條:9ポイント(桂文枝2票、関根勤1票、dボタン3票、ツイッター3票)

Cブロック
ヒューマン中村:2ポイント(dボタン1票、ツイッター1票)
おいでやす小田:8ポイント(桂文枝1票、久本雅美2票、陣内智則2票、友近2票、勝俣州和1票)
ワタリ119:9ポイント(関根勤3票、dボタン3票、ツイッター3票)
大谷健太:11ポイント(桂文枝2票、久本雅美1票、陣内智則1票、友近1票、勝俣州和2票、dボタン2票、ツイッター2票)

ファイナルステージ
野田クリスタル:16ポイント(関根勤3票、久本雅美3票、陣内智則2票、勝俣州和2票、dボタン3票、ツイッター3票)
すゑひろがりず南條:5ポイント(桂文枝2票、友近1票、dボタン1票、ツイッター1票)
大谷健太:9ポイント(桂文枝1票、陣内智則1票、友近2票、勝俣州和1票、dボタン2票、ツイッター2票)