NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。8日に放送された第8回「同盟のゆくえ」で、主人公・明智光秀(長谷川博己)と織田信長(染谷将太)が初めて言葉を交わした出会いのシーンが描かれた。また、帰蝶(川口春奈)は、光秀に本心を明かすことなく信長に嫁いでいった。

【画像】魚を切り分ける信長(染谷将太)

 明け方、漁から戻ってきた信長は、獲った魚を一切れ一文で売りさばき始め、その様子を遠巻きに見ていた光秀は「奇妙な男」という印象を持つ。

 光秀とのファーストコンタクトのシーンについて染谷は「魚をさばくシーンは、事前にさばく練習をしましたが、大きな魚でしたね。包丁一本で大きな魚をさばく、ニヤニヤした男…得体のしれない、何者だかよく分からない若者という感じにしようということで、演じていて楽しかったです」とコメント。

 短いシーンではあったが、「光秀とは目が合ったのか合っていないのか、この二人の間にはどういう感情がぶつかっているのか、と、ここから始まるドラマをあおるシーンでしたので、ここから何が起きていくのか、演じていて僕自身もワクワクしました」。このシーンはロケで撮影され、「長谷川博己さんと岡村隆史さんとは、たき火で暖をとりながら、3人で談笑していました」と明かしている。