毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2020』決勝戦が8日、東京・台場のフジテレビで行われ、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタル(33)が王座に輝いた。『M-1グランプリ』『キングオブコント』そして『R-1ぐらんぷり』すべてのファイナリストという初の偉業を達成していた野田が、2532人の頂点に立った。

【写真】野田クリスタルら最終決戦に進出した芸人のネタ

 トロフィーと優勝賞金の500万円を受け取った野田は「やったやったやったー!」と喜びを爆発。昨年の2回戦落ちから一気に頂点に上り詰め、満面の笑みを見せたが、審査員の友近が因縁の上沼恵美子のものまねで祝福すると、何とも言えない表情に。それでも番組の最後に「恵美ちゃん、ありがと~!」と叫んだ。

 今回は新型コロナウイルス感染拡大予防のため、一般客の来場を取りやめて“無観客”というこれまでにない空気の中で開催。それでも芸人たちは珠玉のネタを次々と披露し、観客不在を感じさせない盛り上がりを見せた。

 今回で18回目となる同大会は、決勝大会に進出した11人と当日発表される敗者復活者1人が加わった12人の変則トーナメント方式で開催。4人ずつがA、B、Cの3ブロックに分かれ、各ブロックの勝者が最終決勝に進出する。Aブロックの4番手で登場した野田は、自作したオリジナルの激ムズゲームをプレイするというシュールなネタを披露。視聴者投票とツイッター投票、さらには審査員からの投票でも圧倒的な人気を集め、メルヘン須長、守谷日和、SAKURAIがひしめくブロックを勝ち抜いた。

 最終決戦ではBブロックを勝ち上がったすゑひろがりず南條、Cブロックを敗者復活から勝ち上がった大谷健太と対決。野田は「お姉さんのストッキングをハサミで切る」という独特すぎるアプリゲームをプレイするネタで審査員の爆笑を誘い、審査票30票中16票を獲得し、見事に優勝を獲得した。

 そのほか、Bブロックはルシファー吉岡、ななまがり森下、ほしのディスコ、Cブロックはヒューマン中村、おいでやす小田、ワタリ119が決勝トーナメントに登場した。

 決勝の模様は、同日午後7時よりカンテレ・フジテレビ系で生放送され、司会は雨上がり決死隊の蛍原徹、フジテレビの三田友梨佳アナウンサー、昨年王者の霜降り明星の粗品が担当。審査員は桂文枝、関根勤、久本雅美、陣内智則、友近、勝俣州和が務めた。

 同大会は“ひとり芸日本一”を決める大会として、2002年にスタート。歴代優勝者は以下のとおり。

第1回 だいたひかる
第2回 浅越ゴエ
第3回 ほっしゃん。(星田英利)
第4回 博多華丸
第5回 なだぎ武
第6回 なだぎ武
第7回 中山功太
第8回 あべこうじ
第9回 佐久間一行
第10回 COWCOW 多田
第11回 三浦マイルド
第12回 やまもとまさみ
第13回 じゅんいちダビッドソン
第14回 ハリウッドザコシショウ
第15回 アキラ100%
第16回 濱田祐太郎
第17回 粗品