NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。8日放送の第8回「同盟のゆくえ」では、主人公・明智光秀(長谷川博己)の生涯を語る上で、避けて通れない織田信長との出会いが描かれる。信長を演じる染谷将太は「皆さんが思い描いているこれまでの織田信長像とは全く違うと思います」。制作統括の落合将氏も「イ メージをすべて捨てて」と、本作で描かれる“信長”像についてコメントを寄せた。

【写真】奇妙な出で立ちの信長を目の当たりにする光秀

 まず、染谷は「まさか自分が織田信長役を演じる日が来るなんて思ってもいませんでした。『革新的な織田信長をゼロからつくりたい』とスタッフの方からお聞きし、新しい織田信長を演じられるという喜びと同時に責任も感じています」と、コメント。

 信長といえば「これまでの大河ドラマの印象もありますが、うつけもので、ちょっと荒くれ者で、カリスマ性があるけど、謎。得体のしれない、化け物感みたいなものを感じていました」と、染谷。そんな信長が「とても好き」だという。

 しかし、『麒麟がくる』に登場する信長は「とてもピュアな少年です。ピュアすぎるがゆえに狂気的に見えてしまい、周りからは理解されず、孤独になっていく人物です。ぶれないピュアさを根底にもっていますので、それを死ぬまでずっと持ち続けたいと思っています。物語の中に生きている“一人の人間”として、フレッシュな気持ちでご覧いただき、『あ、これも織田信長だね』と思っていただけるとうれしいです」。

 染谷にオファーした“革新的な信長”とは、「今までに誰も見たことのない織田信長です。それは一言でいうと、強さと弱さをあわせもった信長。弟ばかり溺愛する母に疎外され、偉大な父には近づくことができず、孤独な少年は、同年代の少女・帰蝶と出会ったことで、心の平安を得て、尾張統一に向けて戦い始めます。視聴者の皆さんには『織田信長』というイ メージをすべて捨てて、『尾張の小さな大名の若君』として見ていただき、その行く末を見守っていただければと思います」と、制作統括の落合氏。

 『麒麟がくる』での光秀と信長のファーストコンタクトは、尾張・熱田市場に程近い港。「信長がどんな男か見てきてほしい」と、帰蝶に頼まれ、尾張にやってきた光秀は、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの男が、探していた「信長」であることを知る。光秀は21歳くらいで、信長は15歳。本能寺の変が起こるのは35年後。青年光秀とうつけの少年信長がどう戦国の大海に漕ぎ出していくのか、今後の見どころとなる。