FANTASTICS from EXILE TRIBEの佐藤大樹と女優の橋本環奈が高校生小説家役でW主演を務める映画『小説の神様』(5月22日公開)の場面写真6枚と特別映像が解禁になった。

【動画】『小説の神様』挿入歌が入ったWEB限定映像

 原作は、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』で「このミステリーがすごい!2020年版」「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を獲得した相沢沙呼氏による小説。佐藤は、ナイーブで売れない高校生小説家・千谷一也。橋本は、クラスの人気者でヒット作を連発するドSの小余綾詩凪を演じる。真逆な2人が、反発しながらも物語を一緒に作る青春ストーリーが描かれる。

 場面写真は、一也の自宅で詩凪と2人で執筆に励む“接近ショット”や、友人たちとの下校シーン、誰にも言えない秘密を抱えている詩凪がどこか遠くを見つめる姿など、本作のストーリーを等身大に感じることができる。WEB限定の特別映像では、本作の主題歌も担当する伶が歌う挿入歌「こんな世界にしたのは誰だ」の音源が初めて解禁されている。