宝塚歌劇団は6日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため2月29日から公演を中止していたが、予防措置を取った上で兵庫・宝塚大劇場は9日から、東京・東京宝塚劇場は10日から公演を再開すると発表した。

【写真】池上彰氏が“新型コロナ”東京五輪の影響を分析

 公式サイトでは、検温のため劇場入り口に赤外線サーモグラフィを設置するとし「検知結果によっては、改めて体温測定をさせていただき、37.5度以上の場合はご入場をお断りいたします」と説明。そのほか、軽食類の提供や客席を使った演出は、当分の間取りやめると発表している。

 また長時間にわたり密集した状態になるのを避けるため「出演者の楽屋入待ち、出待ちについては、当面の間、お控えいただきますよう、ご協力をお願いいたします」と呼び掛けたほか、3月9日~26日の当日券の発売を中止するとした。

■再開する公演は下記のとおり
【星組宝塚大劇場公演】
『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『Ray -星の光線-』:3月9日(月)午後1時【千秋楽】

【雪組東京宝塚劇場公演】
『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』:3月10日(火)午後1時30分【貸切公演】