不適切な演出をめぐり2018年11月から休止していた日本テレビ系バラエティー『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)の「お祭り企画」が8日、約1年4ヶ月ぶりに復活した。

【写真】「最高なコンビが夫婦に!」宮川大輔公開イモトアヤコ&石崎Dの“新婚2ショット”

 番組冒頭、スタッフが「宮川さん、大変ご迷惑をお掛けしました」と謝罪し「祭り(企画)を再開させて頂きたいと思います」と報告。これには宮川は「マジで!? ウソやん!」と目を丸くした。

 続けてスタッフが「これからは、より正確な情報を視聴者の皆さんにお届けしていきます」と誓うと、宮川は「マジでその辺をちゃんとしてね?」と釘を差しつつ「頑張って、やりましょうよ! めちゃくちゃうれしい!」と歓喜した。

 その後は“通常運転”のオープニングを進行した宮川。「緊張してきたよ」と漏らしながら「休んでる間にたくさんの方々から『頑張って』(という声と)厳しい意見もいただいた」と明かした。

 復活第1弾は、アメリカのフルーツケーキ祭り。「ワッショーイ!!」と元気いっぱいにあいさつした宮川だが、ロケ冒頭から涙が止まらず。「いろいろありまして、こうやって再開できて『ワッショーイ!!』言うた瞬間に涙が止まらなかった。泣かんとこうと思っていたけど、やっぱりうれしい!」とお馴染みの“ハッピ姿”で喜びを爆発させていた。

 同企画では、2017年2月12日放送の「タイ・カリフラワー祭り」、18年5月20日放送の「ラオス・橋祭り」などをめぐり、現地のコーディネーターが番組のために祭りを用意したとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)でも昨年、審議入り。「程度は重いとは言えないものの、放送倫理違反があった」とする意見書を発表している。

 2月23日放送では、番組最後の予告にて「決意を新たに、世界の楽しいお祭りを皆さまにお届けします」とナレーションで告知。宮川も自身のツイッターで「一部のニュースにありましたように、実は先日、お祭りのロケに行ってまいりました!」と伝え「内容につきましては、まだ詳しくお伝えできないんですが、そのうちにイッテQで放送があると思いますので、放送を楽しみにしていて下さい!」とアピールしていた。