人気グループ・Snow Manが出演するフジテレビ系バラエティー特番『7G ~SEVENTH GENERATION~』の第3弾が26日の深夜0時25分から関東ローカルで放送されることがわかった。この知らせを前回同様スタッフがサプライズ方式で出演者に伝えに行くことに。今回は演出の大村昂平ディレクターが今年の干支にかけてネズミの着ぐるみで、やや雑な変装をしリアクションを試すべく『7G』を匂わせながら実行された。

【写真】四千頭身、さや香らお笑い芸人の続投も決定!

 同番組は第7世代(G)がゴールデン(G)で通用するタレントになるべく頑張る(G)ためにジャニーズアイドルとお笑い芸人が“第7世代”の真のスターを目指しガチ勝負。四千頭身、さや香、さすらいラビーといった人気芸人たちを相手に、今年1月にCDデビューを果たしたばかりのSnow Manがアイドルらしからぬ体を張ったチャレンジを繰り広げた。

 第1弾、2弾では深夜にもかかわらず、毎回“7G”がツイッターのトレンドワード入りし、番組ホームページや番組宛てのハガキで、第3弾希望のメッセージが第2弾の倍にあたる4000件を超え、ゴールデン帯で放送する大型お笑い特番、さらには連続ドラマをはるかに超える数値を記録したという。
 
 昨年クリスマスに放送した第2弾では、ジャニーズ史上初ともいえる“ブラジリアン綱引き”に挑戦。ワックスが塗り込まれたひもの先端をお互いの鼻毛や脇毛にくっつけて引っ張り合う“鼻毛対決”や“脇毛対決”を行い、視聴者の度肝を抜いた。そんな前代未聞なチャレンジを繰り広げてきた同番組だが、今回は衝撃の“ブラジリアン綱引き”を超える…誰も思いつかないであろうステージが用意されることに。その内容は後日発表予定となっている。

 サプライズ発表では顔が完全に隠れた状態でマイクで声も変え、体型以外は完全変装の大村D。「おめでとうございます。誰だかわかりますよね?」と話しかけられ「あ~~何!? リアルに怖いんだけど」と戦々恐々とするSnow Manのメンバー。ラウールが「あああああ! 見たことある! 体型が…“7”の人」とすぐさま反応すると大村Dから「(すぐに気付いて)面白くない」と厳しい洗礼を浴びる。

 ラウールが「やばい…すぐに気付いちゃった」と反省すると、岩本照は「あと、もうちょっと喜べる? びっくりしたリアクションもないしさぁ…」とさらにダメ出しされると、メンバー内のやり取りが続き、本当にラウールひとりが悪いのか?の議論から真犯人捜しが始まるのだが…。

 一方四千頭身は超警戒モードでなぜか他局の番組タイトルばかり言って大村Dを認識せず、さや香もなかなか回答がでない。さすらいラビーは大村Dに「おめでたいです」と言われても「何、何?」と困惑しきりで…。第7世代らしく一番面白くリアクションができたのは、一体誰だったのか。サプライズ報告のてんまつは、後日番組公式YouTubeにアップされる予定となっている。