俳優・伊藤健太郎が主演し29年ぶりに現代版として制作され、フジテレビが運営する動画配信サービス『FOD』とAmazon Prime Videoにて4月29日、0時より配信される『東京ラブストーリー』の追加キャストが決定。眞島秀和、高田里穂、手島実優、飯田隆裕、松尾英太郎、ぎぃ子、永岡卓也、フィガロ・ツェン、筒井真理子が出演する。

【写真】『東京ラブストーリー』に出演する他キャスト 場面ショットも

 『東京ラブストーリー』は、柴門ふみ原作の漫画で、1988年より『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載され、その後1991年にフジテレビでドラマ化。“カンチ”こと永尾完治と赤名リカのせつないラブストーリーが当時社会現象となり、その後も語り継がれる90年代恋愛ドラマの金字塔だ。

 現代版では主人公の永尾完治役に伊藤健太郎、赤名リカ役に石橋静河、三上健一役に清原翔、関口さとみ役に石井杏奈を起用された。

 そして今回発表されたのが完治とリカが働く広告代理店の部長・和賀夏樹役に眞島。三上と同じ医大に通うお嬢様で優等生の長崎尚子役に高田、さとみの同僚であり保育士の北川トキコ役に手島。またゲストには、台湾の人気俳優フィガロ・ツェンや2019年度芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した映画『よこがお』の筒井真理子など個性豊かな俳優陣が集い、物語を華やかに彩る。