女優の篠原涼子が主演する4月15日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)のクランクインを迎えた。3月上旬、13年ぶりに主人公のスーパーハケン社員・大前春子を演じる篠原が登場するとスタッフからは大きな拍手が。撮影は、春子がオフで過ごしているスペインのとある村を舞台に、春子が村から馬車で去るシーンからスタートした。

【写真】新キャストに杉野遥亮、山本舞香ら決定

 実はこの馬車、なんと13年前、同様のシーンで使われたのとまったく同じ馬車。さらに馬車を引くのは、13年前に出演した馬の子供と孫と前作とリンクしたシーンに。その事実にスタッフと一緒に盛り上がった篠原は、撮影の合間に馬と一緒に写真を撮るなどし、好天のなか終始穏やかな雰囲気で撮影は進行。終了後、スペインの子供役の子らと写真を撮っていると、空には虹が架かり、縁起の良いサプライズで“チーム・ハケンの品格”は放送日に向け快調な滑り出しをみせた。
 
 新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは平成で終わりもはや、「サラリーマンになれば一生安泰」なんてのは幻想…。日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せているなか「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI 導入」など働き方もカオスと化したこの令和の時代、一匹狼の最強ハケン社員・春子が再び大活躍する。

 篠原は「ついに13年ぶりのハケンの品格の幕が上がりました。当時着ていた衣装が出てきたり、同じ馬車が出てきたり、スタッフみんなの作品への愛とこだわりをいろんなところで感じています。チーム一丸となり新たな気持ちで頑張ります!」と意気込みを語っている。