覚せい剤取締法違反罪などで4日に東京地検に起訴されたシンガー・ソングライターの槇原敬之被告(50)が、6日午後、保釈保証金500万円を納め、勾留されていた東京湾岸署から保釈された。湾岸署正面玄関に姿を現した槇原被告は、報道陣から無数のフラッシュを浴び、約10秒間、深々と一礼した。

【写真】深々と頭を下げる槇原敬之被告

 湾岸署の正面に姿を見せた槇原被告はグレーのジャケット姿で「この度は関係者の皆様、ファンの皆様に多大なるご迷惑、ご心配をおかけしましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げた。特徴的な長いひげはそらずに、そのままだった。

 100人近く集まった報道陣からの「復帰はするんですか?」などの声掛けも行われたが応えることなく、車に乗り込み、湾岸署を後にした。湾岸署に集まったファンからは「マッキー」「頑張れー」などの声も飛んでいた。

 起訴状によると、槇原被告は2018年3月~4月、当時使用していた東京・港区のマンション一室で、危険ドラッグ・RUSH(ラッシュ)の液体約64.2ミリリットルと、覚せい剤の結晶約0.083グラムを所持。また先月13日には渋谷区の自宅で、RUSHの液体約3.5ミリリットルを所持したとされる。

 槇原被告は覚せい剤や危険ドラッグを所持していたとして先月13日に警視庁が逮捕。翌14日朝に東京・湾岸署から送検された。1999年8月にも同じ覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕されており、今回で2度目の逮捕だった。