2020年度前期(3月30日~)放送のNHK連続テレビ小説『エール』の“東京編”に出演する主なキャストが6日発表され、ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎が朝ドラ初出演を果たすことが明らかになった。そのほか、加弥乃、仲里依紗、三浦貴大が初出演し、古田新太、野間口徹の出演も決定した。

【エール】純白の衣装で…高らかに歌う姿が美しい柴咲コウの場面カット

 『エール』は朝ドラ通算102作目。「栄冠は君に輝く(全国高等学校野球大会の歌)」「六甲おろし(阪神タイガースの歌)」「闘魂こめて(巨人軍の歌)」などの応援歌の数々を作曲した、古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。窪田正孝が主人公の裕一、二階堂ふみがヒロインの音を演じる。

 今回発表された“東京編”では、昭和5年、裕一と音が福島と豊橋、それぞれの故郷に別れを告げ東京で新生活をスタートさせる。裕一は、レコード会社の専属作曲家として働きはじめ、音はオペラ歌手になるために音楽学校に入学。個性豊かな人たちに囲まれて、2人はそれぞれの夢に向かって歩み始める。

 野田が演じる木枯正人(こがらし・まさと)はレコード会社のコロンブスレコードに裕一と同期で採用された作曲家。ギターが得意で、行きつけのカフェで弾き語りを披露したりしている。

 朝ドラ初出演に野田は「かつて日本の音楽の礎を築いた方々の人生を、少しながら追体験させてもらえる機会を頂き嬉しく思います。古山裕一、関内音、そしてその周りで瑞々しく生きる人々みんながとにかく愛しいです。きっと観てくださる皆さんの毎日に、素敵な彩りを加えてくれることと思います。ぜひ裕一、音たちと一緒に泣いたり笑ったりしてください。そして流れてくるたくさんの素晴らしい曲たちに、身をあずけてみてください」とコメントを寄せた。

 そのほか、コロンブスレコードのディレクター・廿日市誉(はつかいち・ほまれ)に古田、コロンブスレコードの秘書・杉山あかね(すぎやま・あかね)に加弥乃。“喫茶バンブー”の人びととして、喫茶経営者の梶取保(かとり・たもつ)を野間口、保の妻・梶取恵(かとり・めぐみ)を仲が務める。三浦は、早稲田大学応援部五代目団長の田中隆(たなか・たかし)を演じる。