スポーツキャスターの松岡修造氏が、8日放送のフジテレビ系『くいしん坊!万才』(※関東ローカル 毎週日曜 前11:45)で記念すべき出演1000回を迎える。2000年1月から11代目くいしん坊として活躍している松岡氏が、歴代のくいしん坊たちがなし得なかった前人未到の記録を打ち立てることとなったが、当の本人は「正直なところ、回数を重ねたからといってうれしさはそれほど感じていません。1000回がゴールではないですから、達成感という気持ちはありません。まだ通過点にしか過ぎないです。すでに次の旅も始まっていますから」とさらなる高みを目指している。

【番組カット】出演1000回目の放送では、横須賀市長井漁協を訪問

 プロテニスプレーヤーを退いた後に、11代目くいしん坊となった松岡氏だが「訪れた土地の人たちとの出会い一つひとつに真剣勝負で向き合っています。その出会いは、僕にとってウィンブルドンの一戦一戦と同じ。“一球入魂”の気持ちを“一食入魂”として持ち続けている訳です」と熱弁。「その土地の人々が『こうして食べるのが一番おいしいです』という思いで気持ちをぶつけてこられるので、その思いを受け止める僕もそのつもりで“食べること”に挑んでいる感じです。出演者の皆さんには地元の食材が日本一だという誇りと、おいしく食べてほしいという熱意がありますから、食べる方も負けないくらい熱い気持ちで食べています」と思いを伝えた。

 松岡氏は続けて「くいしん坊らしさというものは、食を通してその土地の人、そして文化を知ること、感じることだと思います。今までには1000回の出会いがあったということですし、その土地の人をより近く、濃く、深く感じることで、まさにそこに住んでいるような気持ちになる。しかも47都道府県を回りきったことを考えると『オレはニッポンだ!』と思う。これは11代目くいしん坊になると決まった時に感じたことです」と回顧。「若い時からプロテニスプレーヤーとして海外にいることが多かったから、実は日本のことをよく知らなかった。番組からオファーがあった時『これは願ってもないこと、自分がやるべき仕事だ!』と思いました。いつか日本中を旅したいという最初にやりたかったことが今まさにできている」と手応えをにじませた。

 さらに「くいしん坊は、食べるだけではなく、撮影を通して、出演者の方々にとっても間違いなく素晴らしい思い出になっていること。このことは初代・渡辺文雄さんもおっしゃっていて、スタッフが大事にしてきたことであり、今は自分もそうできていることの喜びを感じます。味だけではない、“食”の成り立ちを知る。料理は見た目に芸術的でもあります。食の魅力を感じられる出会いが『くいしん坊!万才』なのです」とアピール。記念すべき出演1000回目の放送では、横須賀市長井漁協で、その希少性から「幻の魚」とも呼ばれるベニアコウを食べるが、長井漁協から「番組出演1000回記念」と「番組のさらなる長寿」を願って「祝い魚」としてごちそうされた幻の絶品料理の数々を松岡がどう食すのか注目が集まる。

■歴代くいしん坊
初代 渡辺文雄 1975年6月30日~77年7月3日(通算515回)
2代目 竜崎勝 1977年7月4日~78年12月31日(通算390回)
3代目 友竹正則 1979年1月1日~81年12月31日(通算794回)
4代目 宍戸錠 1982年1月1日~83年12月30日(通算509回)
5代目 川津祐介 1984年1月4日~84年12月30日(通算228回)
6代目 梅宮辰夫 1985年1月1日~87年12月30日(通算623回)
7代目 村野武範(当時は武憲) 1988年1月3日~90年12月30日(通算617回)
8代目 辰巳琢郎 1991年1月6日~93年12月29日(通算606回)
9代目 山下真司 1994年1月4日~97年12月30日(通算782回)
10代目 宍戸開 1998年1月4日~99年12月27日(通算284回)
11代目 松岡修造 2000年1月10日~現在