1964年8月31日に放送開始された長寿音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)が、足かけ56年で放送2800回を迎えることを記念し、先月21日に東京国際フォーラム ホールAで公開収録が行われた。豪華アーティスト14組計34人が参加し、全22曲を披露したコンサートの模様を、7日から4週連続でオンエア。各回の見どころを紹介する。

【番組カット10点】Little Glee Monster×水樹奈々が「ECHO」熱唱

■3月7日放送回:NEWS×ももクロ 秦基博×山崎育三郎 リトグリ×水樹奈々…

 オープニングはコンサート出演者全員による「MUSIC FAIR テーマ曲」の大合唱で幕開け。20代から80代まで、ジャンルもさまざまなアーティスト総勢34人が圧巻のハーモニーを繰り広げる。

 続いて、NEWS×ももいろクローバーZがアイドルコラボ。NEWSの「チャンカパーナ」を元気いっぱいにパフォーマンスする。秦基博の代表曲「ひまわりの約束」は、同曲が大好きという山崎育三郎と。2人の相性抜群の歌声で観客を魅了する。

 Little Glee Monster×水樹奈々は、拳を突き上げながらパワフルに「ECHO」を熱唱。出演者最年長の加山雄三は、森山良子、谷村新司、南こうせつ、さだまさし、THE ALFEEと共に結成したバンド「加山雄三&The Rock Chippers」で「Forever with you~永遠の愛の歌~」を演奏する。

 1週目最後は、アテネオリンピック以降、スポーツイベントには欠かせない楽曲となった、ゆずの「栄光の架橋」。NEWSやももクロら14人のアーティストも参加し、豪華コラボを繰り広げた。

■3月14日放送回:德永英明×JUJU 昆夏美&山崎育三郎…

 2週目は德永英明×JUJUのコラボからスタート。これまでにさまざまなアーティストがカバーしてきた竹内まりや作詞作曲の名曲「元気を出して」を歌い、三浦大知の「Right Now」へと続く。

 映画の大ヒットで話題を呼んだディズニー楽曲メドレーでは、『MUSIC FAIR』で結成された森山良子、平原綾香、新妻聖子、サラ・オレインの4人組ユニットLA DIVAが「サークル・オブ・ライフ」、リトグリは「Let It Go~ありのままで~」、昆夏美&山崎育三郎は「美女と野獣」を歌い上げる。

■3月21日放送回:水樹奈々×NEWS 德永英明×三浦大知×秦基博…

 10年前に結成されたバンド、加山雄三とザ・ヤンチャーズの「座・ロンリーハーツ親父バンド」から始まり、水樹奈々は代表曲の一つ「絶対的幸福論」をNEWSと共にしっとりと歌唱。ももいろクローバーZは、アニメ『ちびまる子ちゃん』のオープニング主題歌「おどるポンポコリン」をキュートに歌って踊る。

 後半はエモーショナルな楽曲を連発。ミュージカル『レ・ミゼラブル』でエポニーヌが失恋の傷心のなか、涙ながらに歌う「オン・マイ・オウン」を昆夏美が熱唱。続けて、こちらも終わってしまった恋を切なく歌う德永英明の代表曲「レイニー ブルー」を三浦大知、秦基博とともに披露する。

■3月28日放送回:JUJU×三浦大知 高橋真梨子×さだまさし ゆず×山崎育三郎…

 最終週は、JUJU×三浦大知「やさしさで溢れるように」で幕開け。楽曲とマッチしたハスキーでブルージーな歌声を響かせる。続いて、歌・高橋真梨子、バイオリン・さだまさしのコラボレーションで河島英五さんの「酒と泪と男と女」を披露。ゆずは山崎育三郎と「サヨナラバス」を歌う。

 谷村新司、さだまさし、THE ALFEE、JUJU、昆夏美、Little Glee Monsterは、美しい日本語で1年の四季の移ろいを歌った井上陽水の名曲「少年時代」で美しいハーモニーを。前出のLA DIVAは、フランク・シナトラやエルヴィス・プレスリーら世界中のアーティストがカバーしてきた名曲「My Way」を歌い上げ、エンディングは「MUSIC FAIR テーマ曲」を参加アーティスト全員で歌って締めくくった。

 それぞれの放送回では、MC陣とアーティストたちによるトークも展開される。

■プロデューサー/チーフディレクター 浜崎綾氏コメント
時代を超えて、世代を超えて愛される「タイムレス」な名曲を歌い継いでいくこと。そしてどんなジャンル、どんなカテゴリーにも捉われず「ボーダーレス」にアーティストが混ざり合う場であること。この2つが『MUSIC FAIR』の魅力であり強みであると考えています。

2800回記念コンサートには10代から80代のアーティストが出演し、1960年代の楽曲から2020年の楽曲を扱います。声優さんもいれば、ミュージカル俳優さんもいれば、アイドルもいます。まさに「タイムレス」で「ボーダーレス」です。

だからこそ唯一無二で面白いんだと、自信を持って言えるコンサートになりました。『MUSIC FAIR』が56年間紡いできた「イズム」がギュッと濃縮されています。どうぞ4週間、名曲名演の数々をお楽しみください。