タレントの仲川遥香(28)が、きょう6日放送のTBS系『爆報!THE フライデー』(毎週金曜 後7:00)に出演。アイドルグループAKB48の元メンバーであり、インドネシアのジャカルタを拠点とするJKT48でも主要メンバーとしても活躍、現在はタレントとして活動する仲川が、児童養護施設で育ったという生い立ちを初告白する。

【動画】ジャカルタ時代の苦悩を語る仲川遥香

 18歳でAKB48選抜メンバー入りを果たしたが、活躍すればするほど、自身の生い立ちへの不安が大きくなっていた。そのことが周囲に知られればマスコミの格好の的となり、アイドルのイメージを損ねてしまうかもしれないという思いを強く抱いていた仲川。取材で家族について聞かれると、偽ったことを話し、実際に2016年に発売した自伝本ではウソの家族構成を紹介していた。

 仲川は自身の過去に目を背け、家族を詐称したことが世間にバレないよう、家族との接触を避け、疎遠になっていたと告白。しかし昨年、そんな自分の行動を深く後悔する悲劇が起こり、仲川の気持ちは激変する。仲川に起こった悲劇、今までひた隠してきた生い立ちを明かすことにいたった思いとは。