マーベル・スタジオ映画『ブラック・ウィドウ』(5月1日、日米同日公開)の日本版キャラクターポスターが解禁された。「アベンジャーズ」の人気キャラクター“ブラック・ウィドウ”の過去と秘密が描かれる本作。作成されたキャラクターポスターは、ブラック・ウィドウ、“妹” エレーナ、“母” メリーナ、“父” アレクセイ=レッド・ガーディアンの4人。ブラック・ウィドウとその“家族”が、要注目なのは間違いない。

【動画】『ブラック・ウィドウ』最新映像

 本年度アカデミー賞で主演女優賞&助演女優賞のダブルノミネートを果たした、ハリウッドを代表する女優スカーレット・ヨハンソンが演じる“美しき最強のスパイ”ブラック・ウィドウこと、ナターシャ・ロマノフは、アイアンマンやキャプテン・アメリカ等アベンジャーズを「家族」と呼ぶほど大切にし、その一員として戦ってきた。

 しかし、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で彼女が下した決断は、世界大きな衝撃を与えるものだった。孤独な暗殺者だった彼女はなぜアベンジャーズというヒーローになったのか? そしてなぜ、衝撃の決断にいたったのか?  『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でアベンジャーズから離れ、逃亡中の空白の時間にいる彼女を描く本作は、そんな彼女の過去を知る、もう一つの“家族”との再会によって大きく動き出す。

 スカーレットは「本作では人生のとても暗い場所にいるナターシャが描かれる。彼女は自分自身と格闘していて、どうしたら良いか分からずに呆然と立ち尽くしているような状況なの。そういうときこそ、人は自分自身と向き合わなければいけないのよ」と、語っている。

 ブラック・ウィドウが“妹”と呼び、彼女と同等の戦闘能力を持つエレーナを演じるのは、本年度のアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ今最も熱い若手女優フローレンス・ピュー。姉と久々の再会を果たすなり銃を向け合う複雑な関係だが、ユーモアあふれるやりとりで、“家族の絆”を垣間見せる場面も。フローレンスは「私が演じるエレーナはブラック・ウィドウの妹のような存在なの。2人の出会いはとても強烈なシーンになっているのよ」と語っている。

 アカデミー賞受賞経験者であるレイチェル・ワイズが演じるのは、天才科学者の“母”メリーナ。彼女もブラック・ウィドウやエレーナ同様に厳しい訓練を受けた暗殺者であると同時に、二人も知らない極秘研究に携わっているといわれ、まだ多くの謎が残る存在だ。

 そして、 “父”アレクセイ=レッド・ガーディアンを演じるのは、Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で人気のデヴィッド・ハーバー。原作コミックではロシアのキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしからぬぽっちゃりボティが魅力的なキャラクターだ。キャプテン・アメリカに熱いライバル心を燃やす一方、家族の再会を喜ぶユニークな側面も。

 アベンジャーズを家族と呼んでいたブラック・ウィドウがかつて大切にしていた、“家族”の存在。過去を知る彼らと、ブラック・ウィドウは何をしようとしているのか? ブラック・ウィドウを取り巻く新キャラクターたちの正体が少しずつ見えてくるたびに、期待は高まっていく。