『第43回日本アカデミー賞』で新人俳優賞を受賞した横浜流星(23)、鈴鹿央士(20)、森崎ウィン(29)、岸井ゆきの(28)、黒島結菜(22)、吉岡里帆(27)が6日、都内で行われた授賞式に登壇した。

【写真一覧】横浜流星、森崎ウィンら”新人賞”受賞者が豪華登場!

 『見えない目撃者』『パラレルワールド・ラブストーリー』に出演した吉岡は「ちょっとでも背が高く見えるように、ヒールを履いてきたんですけど、プルプルしていて。緊張する場なんだと実感しています」と引き締まった表情。続けて「見てくださるお客さんにとって、なにかプラスの瞬間を作れるように、大先輩のみなさんを追いかけながら日々頑張っていきます」と力強く語った。

 『カツベン!』でヒロインを演じた黒島は「こういう賞をいただけたのは大きなこと。これからも一つひとつ、私なりに一生懸命がんばっていきたいです」と笑顔。『愛がなんだ』の岸井は「手に入りそうで入らなかった希望が少し手に入った気がします」とスピーチしていた。