女優の鈴木杏が、7日放送の日本テレビ系連続ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(毎週土曜 後10:00)第9話と最終話にゲスト出演することがわかった。事故で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹(田中奏生)の母親・良美役を演じる。主人公の脳外科医・深山(天海祐希)と西郡(永山絢斗)が緊急のオペに臨むことになるが、脳の見せる幻が親子や夫婦、さまざまな絆を試すことになる。

【写真】天海祐希演じる深山瑤子をイメージしたカクテル

 天海祐希主演の同ドラマは“脳”という神の領域に踏み込むために、何を手放してそのメスを握るのか。神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。焦燥しきった良美に深山たちはどこかひっかかる様子。緊急手術を終え、一命をとりとめた徹だが、彼の口からは驚愕の言葉が…。

 第9話では重篤な脳腫瘍患者として搬送されてきたのは今出川部長(三浦友和)の妻・里美(有森也実)。今出川が東都総合病院に黒岩と西郡を呼び入れたのは、すべてこの時のためだった。日本最高峰の脳神経外科を作り上げた男の、たったひとりの妻のために全てを捨てる覚悟に深山、黒岩(椎名桔平)、西郡はこれまでで最も難しいオペに挑むことを決意する。