俳優の木村拓哉が民間ボディーガードを演じる、テレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』が、2018年1月期以来、2年ぶりに復活する(4月16日スタート、毎週木曜 後9:00)。木村は「テレビ朝日さんにはシリーズ化されているドラマがたくさんありますが、その継続スタンスや努力、チームワーク、残されてきた結果と比べると、『BG』はまだまだ赤子のようなもの」と、飽くなき向上心を口にした。

【写真】前作の最終回に本人役で出演した矢沢永吉

 昨年から今年にかけて、主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS)や『教場』(フジテレビ)などで円熟味と新鮮味を増した芝居を打ち出し、俳優としての評価を上げている木村。

 今回は「僕のわがままで脚本の井上由美子さん、プロデューサーの皆さん、そして斎藤工さんや間宮祥太朗さんにも同席していただき、台本の準備稿をもとに各々の考えや疑問点を全部吐き出すセッションをさせていただきました」と、明かす。その結果、「みんなの意見が整理整頓され、『しっかり煮詰まったな!』と感じる決定稿が出来上がりました」と、大きな手ごたえを感じている様子だ。

 テレビ朝日には、『科捜研の女』や『相棒』、ジャニーズ事務所の東山紀之が主演する『刑事7人』、井ノ原快彦主演の『特捜9』など、人気シリーズがいくつもあり、「しっかりとした内容や世界観を作って、継続する意味を持たせないと、ほかのシリーズ作品に失礼だと思うんです」と語る。

 前作の『BG』では、権力や武器を備えた警察官に対し、丸腰でチーム一丸となって敵に挑んでいく章たち民間ボディーガードの姿が描かれた。今作で木村演じる島崎章はフリーランスのボディーガードとして再出発することに。私生活では、さらなる反抗期を迎えた一人息子・瞬への接し方に四苦八苦している。そんな生き様と魅力をより深く、ドラマティックに描いていく。前作で、章が所属していた日ノ出警備保障の身辺警護課の仲間を演じた、斎藤、菜々緒、間宮は続投。新キャストとして、勝村政信、市川実日子、仲村トオルの出演が決まっている。

 木村は「警護に関しては非常に完璧だけど、それ以外の恋愛や親子関係などでは発展途上。そんな“まだ完成されてない感”が島崎章の魅力だと、僕は感じています。ただ、体を張って警護対象者を護る“現場主義者”という点ではブレていないものの、今回から会社に属したキャラクターではなくなることで、描く世界観の形態が多少変わってきている。そこを自分なりにどう楽しみ、視聴者の皆さんにどう伝えていくか…。いろいろ考えながら、これから始まる現場での作業を心待ちにしているところです。キャスト、スタッフ一丸となって取り組み、『BG』の新しいストーリーと新しい形態をしっかりと紡いでいきたいな、と思います」と意気込んでいる。