女優の松風理咲(19)、竹内愛紗(18)、長見玲亜(17)が5日、都内で行われたひかりTV・dTVチャンネル配信ドラマ『トリプルミッション!!!女優たちの夢、ドラマにしました』(20日 後11:00~配信開始)の完成報告イベントに登壇した。

【全身ショット】輝く美脚にドキッ!ミニスカート姿の松風理咲

 本作は、内山理名、桐谷美玲、桜庭ななみらが所属する芸能事務所・スウィートパワーの次世代を担う松風、竹内、長見の3人がそれぞれ企画・プロデュース・主演を務めるオリジナルドラマ。

 松風がプロデュースした『BAD LUCK』は、駅前のドリームくじ売り場で働く少女・千明が主人公。当たりくじを引いた客からの復讐依頼を当選金と引き換えに代行する裏の顔を持つ。『ムショラジ』を企画した竹内は、シンガーソングライターのひかりを演じる。10年間連絡がなかった母親が刑務所に収監され、刑務所だけで流れるラジオ・ムショラジの存在を知り、2人の間にあるわだかまり解消に動く。長見は『8:2』をプロデュース。演じる黒塚アリスは、この世が「8割の善と2割の必要悪」で形成されていることを知っており、ある町を訪れたアリスの目的と、彼女を追うひとりの青年の物語が紡がれる。

 松風は「すごく楽しみでワクワクしていたんですけど、0から1にすることの難しさを痛感しました」、竹内も「手がかりのない状態からやるのは難しかったです」、長見は「(作品には)いろんな人が関わっていることをあらためて知りました」としみじみ実感。

 今後の目標については、松風は「漫才に初めて挑戦させていただき、人を笑わせることのすばらしさを知ったので、コメディ作品にも挑戦してたくさんの人を笑顔にできたら」、竹内は「また機会があったら、台本がない裏側もチャレンジしていきたいです」、長見は「2人の作品がかっこよかったので、私もいろいろな役に挑戦していきたいです」とそれぞれ意気込みを語った。