俳優の中川大志が4日、都内で行われたBS-TBS開局20周年記念番組『パラスポーツが世界を変える~2020から未来へ~』(13日 後9:00)収録後取材会に出席した。

【写真】パラスポーツ選手集結!中川大志、猪狩ともかも出席

 同番組では、パラスポーツへの理解を深めることをテーマに、さまざまな企画を実施。パラスポーツとつながりのある著名人による国内外の超人的パラアスリートへの密着取材や、パラスポーツならではのルールや競技特性などを通じて、その魅力を伝えていく。

 同局で14日に放送されるドラマ『左手一本のシュート』で、中川は、高校の入学式を目前に脳出血で倒れ、右半身麻痺(まひ)が残るも、復帰に向けて歩みを進めた山梨県日川高校バスケットボール部の田中正幸さんを好演。「今まで健常者だった頃にやっていたことにチャレンジする覚悟というものを、役を通してすごく感じました」とかみしめるように語った。

 中川は続けて「障がいを持っている方がスポーツをすることで救われたり、前に進める瞬間があるんだなと感じました。スポーツにチャレンジしやくなる環境が整ったらいいなという気持ちを持ちました」と力説。「今回の番組も、知らないことだらけで勉強になりました。車いすテニスにも乗らせてもらって、こうやって体感させていただいたことを経て、今度試合を見るのがさらに楽しみになりました」と声を弾ませていた。

 取材会にはそのほか、恵俊彰、吉沢悠、乙武洋匡、猪狩ともか、高橋みなみ、TBSの高畑百合子アナらも出席した。