女優の永野芽郁が、4日に放送されるTOKIOがMCのフジテレビ系バラエティー番組『TOKIOカケル』(後11:00)にゲストとして1年ぶりにスタジオ登場。昨年20歳を迎えた永野は10代から変化した私生活についても告白するほか、新企画のアトラクションゲームも登場。体と頭を使う大がかりなセットを使用するゲームに松岡昌宏は、ジャニーズ事務所の後輩である嵐の『VS嵐』を引き合いに「このコーナーは『TOKIOカケル』の中の“VSTOKIO”」と例えて、メンバーの笑いを誘う。

【写真】永野芽郁が出演

 TOKIOはゲストの知られざる一面を引き出すため、今までゲストが聞かれたことがないであろう質問をしていく『永野の生まれて初めて聞かれました』では永野がNGなしで回答。まず「最近、いつ興奮した?」と質問する長瀬智也に、車の運転が好きだという永野は、「難しそうな駐車場に、一回も切り替えずに駐車できた時」と紹介する。

 普段から友人とドライブに行くことが好きだという永野は「最近はHIPHOP聞きながら、リズムをとりながらドライブしています。車は四駆のゴッツい車が好きです」とおっとりした見た目とはギャップのある趣味を披露。また「スマホで何撮る?」と国分太一から聞かれ「大好き」だという食事の写真を公開。20歳の女子とは思えない男前な食生活にTOKIOも驚きを隠せない。

 また、昨年20歳になった永野が「夜12時を過ぎて外食ができるようになったことです。お酒も飲めますし」と笑うと、松岡が「俺たちの知っているシンデレラじゃないんだね」とさみしさをにじませる一幕も。そして、「スイッチオフはいつ?」という質問について、9歳で芸能界デビューをした永野が女優スイッチを切り替える瞬間について言及。国分が「バラエティー番組の収録の時、長瀬はいつスイッチ入れるの?」と尋ねると、“ある行動”が制限されるとスイッチが入ることを明かす。

 そして新企画“テンパズル”では、以前から放送していた4つの数字を+-×÷を使って答えを10にするというクイズを専用のセットも作りコーナー化。収録を終え、永野は「難しかったです! 学校を卒業してから計算する機会があまりないので、頭使うのは大事だなと思いました。ゲームが始まる前は計算できたのに、ゲーム中だとできなくなってしまう。ゲームが始まる前のカウントダウンにドキドキして、予想していない数字が急にでてきて疲れました(笑)」となかなか苦戦した様子。

 そして、前回出演した際に、永野がリクエストして挑戦することになった“絵しりとり”にも再チャレンジ。5人全員で挑戦し、2分以内に最後の人まで絵しりとりがつながれば成功というゲーム。永野は「前回クリアできなかった“絵しりとり”を今回リベンジさせていただいて、前回よりうまくなっているので成長を見ていただけたらうれしいです!」とみどころを明かしている。