2019年に発売された雑誌のカバーを最も多く飾った女性タレントを表彰する『第6回 カバーガール大賞』が発表され、「エンタメ部門」と「10代部門」を人気アイドルグループ・乃木坂46の与田祐希(19)が獲得した。グループの“次世代エース”から真のエースへ大きな一歩を踏み出し「驚きと感謝の気持であふれています」と喜びの声を寄せた。

【写真】全18表紙!エンタメ部門を受賞した乃木坂46・与田祐希

 2016年より乃木坂46の3期生として加入した与田は“次世代エース”の呼び声高く、2019年に『MAQUIA』(集英社)と『bis』(光文社)のレギュラーモデルに抜てきされるなど、エンタメ誌以外でも活躍。昨年の総合順位6位から第3位に躍進し、アイドルの頂点にも輝いた。

 昨年エンタメ部門を受賞した同じく乃木坂46の齋藤飛鳥も、2017年総合順位8位から2018年に3位へと躍進しており、先輩から後輩へ大躍進のバトンが受け継がれた形に。与田も今回の受賞で最初に思い浮かんだのは「やっぱり乃木坂46ですかね。私1人で活動してるわけじゃないので。先輩とか後輩とか乃木坂46があるからこそだと思います」と仲間たちに感謝した。

 撮影前日のルーティーンは「コンディションをベストな状態で撮影したいなっていう思いはあるので、半身浴してみたり、前日の食生活に気を付けてみたりマッサージしてみたりはしてます」と明かし、「当日撮影現場に入ってからは、変わらずその時の現場で楽しく撮影させていただいてます」と語った。

 今月10日は10代にして早くも2冊目のソロ写真集『無口な時間』(光文社)を発売し、水着カットや人生初のランジェリーショットに挑戦するなど、大人の魅力も開花させてきた。この春には、圧倒的な人気でグループ誕生から牽引してきた白石麻衣が卒業する。新たな時代を迎える乃木坂46、その中心にいるのは、間違いなく与田祐希だろう。

 そのほかの部門賞も発表され、「大賞」と「20代部門」は女優の吉岡里帆(27)、「ファッション部門」と「30代部門」は女優の石原さとみ(33)、「コミック雑誌部門」は女優・グラビアアイドルの大原優乃(20)、「グラビア部門」は女優の小倉優香(21)、今年から新設された「メンズ部門」は、人気グループ・King & Princeの平野紫耀(23)が受賞した。

 また、話題となった雑誌を実行委員会が選定する「話題賞」は、俳優の松田翔太(34)と女優の秋元梢(32)が初共演&結婚後公式で初の2ショットが表紙を飾った女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』12月号が選ばれた。

 同賞は3月4日の「雑誌の日」にちなみ、大会実行委員がオンライン書店「Fujisan.co.jp」で取り扱われる約1万点の雑誌から、カバーを飾った回数が多かった女優やアイドルを表彰する。

◆2019年雑誌カバー登場回数ベスト10
1位 吉岡里帆
2位 大原優乃
3位 与田祐希(乃木坂46)
4位 小坂菜緒(日向坂46)
4位 齋藤飛鳥(乃木坂46)
4位 広瀬すず
7位 石原さとみ
7位 今田美桜
7位 浜辺美波
10位 沢口愛華
(※複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計)

◆過去の大賞受賞者
第1回(2014年)石原さとみ
第2回(2015年)石原さとみ
第3回(2016年)高畑充希
第4回(2017年)有村架純
第5回(2018年)大原優乃