2019年に発売された雑誌のカバーを最も多く飾った女性タレントを表彰する『第6回 カバーガール大賞』が発表され、大賞および20代部門を女優の吉岡里帆(27)が獲得した。また、今年から新設された「メンズ部門」は、人気グループ・King & Princeの平野紫耀(23)が受賞した。

【動画】吉岡里帆『カバーガール大賞』初受賞 受賞コメント

 同賞は3月4日の「雑誌の日」にちなみ、大会実行委員がオンライン書店「Fujisan.co.jp」で取り扱われる約1万点の雑誌から、カバーを飾った回数が多かった女優やアイドルを表彰する。

 吉岡は昨年公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』、『見えない目撃者』両作での演技により第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。スクリーンでの大活躍に加えて、『steady.』(宝島社)『MORE』(集英社)『mina』(主婦の友社)などのファッション誌をはじめ、『FRIDAY』(講談社)『週刊女性』(主婦と生活社)などさまざまなジャンルの表紙を飾り、令和初の『カバーガール大賞』に輝いた。

 マネージャーから受賞を知らされた吉岡は「すごいテンション高めにおめでとう!!って言ってくださったので、すごく盛り上がりましたね! きゃっきゃしました。うれしかったです!」と喜びを爆発。「どの現場でもその雑誌の色や目的、テーマがあって、その色に染まっていく作業がすごく大事だと思うんですけど、マネージャーさんが一緒になって一生懸命ディレクションしてくださったり、一緒に衣裳とかメイクとかも微調整とか、とにかく常に一緒にいるので」とマネージャーのサポートに感謝した。

 印象的だった撮影について「minaさんの表紙撮影で、ベージュ服とフルーツサンドっていうテーマだったんですけど、その時に用意してくださったフルーツサンドがめっちゃおいしいんですよ! そのおいしさみたいなのがすごくリアルな幸福感なんで、撮影の時も幸せな気持ちいっぱいで撮れたのを覚えてます」と振り返った。

 平野も「とても光栄です。1年を振り返ると、たくさん表紙を飾らせていただいたなと思ったのですが、まさか賞を頂けるほどとは思いませんでした。各出版社の皆さんに感謝しております」と受賞に喜び。「いつも周りのスタッフさんが『この間の表紙、もう売り切れたよ!』と教えてくださったり、増刷や重版のニュースも拝見し、雑誌を見てくれた皆さんにとても感謝しています」と思いを伝えた。

 撮影中は「『見てくれたみんなはどんな反応してるんだろう?』など想像し、ワクワクしながら撮影に臨んでいます」と心境を明かし、「こうして雑誌を見てくれた方々のおかげで、このような賞につながったと思っています!今年もたくさん表紙に起用して頂けるように、精一杯頑張ります!」と意気込んだ。

 そのほかの部門賞も発表され、「エンタメ部門」と「10代部門」は乃木坂46の与田祐希(19)、「ファッション部門」と「30代部門」は女優の石原さとみ(33)、「コミック雑誌部門」は女優・グラビアアイドルの大原優乃(20)、「グラビア部門」は女優の小倉優香(21)が受賞した。

 また、話題となった雑誌を実行委員会が選定する「話題賞」は、俳優の松田翔太(34)と女優の秋元梢(32)が初共演&結婚後公式で初の2ショットが表紙を飾った女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』12月号が選ばれた。

◆2019年雑誌カバー登場回数ベスト10
1位 吉岡里帆
2位 大原優乃
3位 与田祐希(乃木坂46)
4位 小坂菜緒(日向坂46)
4位 齋藤飛鳥(乃木坂46)
4位 広瀬すず
7位 石原さとみ
7位 今田美桜
7位 浜辺美波
10位 沢口愛華
(※複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計)

◆過去の大賞受賞者
第1回(2014年)石原さとみ
第2回(2015年)石原さとみ
第3回(2016年)高畑充希
第4回(2017年)有村架純
第5回(2018年)大原優乃