『別冊少年マガジン』で連載中の異世界ファンタジー漫画『100万の命の上に俺は立っている』(原作・山川直輝/漫画・奈央晃徳)のTVアニメ化が決定し、10月より放送されることが3日、発表された。メインキャストも発表され主人公・四谷友助役の上村祐翔のほか、久保田梨沙、和氣あず未、小市眞琴らが出演する。

【動画】『100万の命の上に俺は立っている』ティザーPV

 原作コミックス(既刊8巻)は現在、累計130万部を突破。合理的で単独行動が好きな中学3年生四谷友助が、ある日ゲームじみた異世界に転送され、すでに転送されていたクラスメイトの新堂衣宇(しんどう・いう)、箱崎紅末(はこざき・くすえ)とともに3人目のプレイヤーとして命を懸けたクエストに挑む。感情論を廃してすべての要素をフラットに、時には仲間の命すら駒として扱う冷酷な四谷。襲い来る魔物、厄介な事件、そして暗躍する強敵からパーティーの全滅を防ぎ、ゲームをクリアすることができるのか?

 出演者は四谷役を上村祐翔が務め、最初に異世界に転送されたクラスメイトで魔術師(風)の新堂役に久保田梨沙、四谷より先に転送された剣士・箱崎役に和氣あず未、四谷が与えられたミッションによって知り合う4人目の仲間の魔術師(熱)・時舘由香(ときたて・ゆか)役に小市眞琴が決定した。

 原作イメージを踏襲したアニメキービジュアルやティザーPVも併せて公開されている。