サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』発のグローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)が4日にデビューシングル「PROTOSTAR」を発売する。ORICON NEWSは11人に360度動画インタビュー実施。それぞれ、デビューシングルに込めた思いやプロデューサーになったらなど、さまざま語ってくれた。

【360度動画】JO1 メンバー全員でクロストーク…”11人の素顔”大公開!

■「PROTOSTAR」でデビュー決定 聞きどころを熱くトーク

 昨年9月25日にTBS系で初回放送されて以降、約3ヶ月にわたって熾烈なバトルを繰り広げ、“国民プロデューサー”と呼ばれる番組視聴者による累計約6500万票の投票によって練習生101人の中から選ばれたメンバーは、豆原一成(まめはら・いっせい)、川尻蓮(かわしり・れん)、川西拓実(かわにし・たくみ)、大平祥生(おおひら・しょうせい)、鶴房汐恩(つるぼう・しおん)、白岩瑠姫(しろいわ・るき)、佐藤景瑚(さとう・けいご)、木全翔也(きまた・しょうや)、河野純喜(こうの・じゅんき)、金城碧海(きんじょう・すかい)、與那城奨(よなしろ・しょう)の11人。グループ名は「PRODUCE 101 JAPANで一緒に上を目指した練習生が1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味を込めて「JO1」と名づけられた。

 デビューシングル「PROTOSTAR」には「ツカメ~It’s coming~(JO1 ver.)」のほか、新曲の「無限大」「Running」「La Pa Pa Pam」は収録されている。おすすめポイントを聞くと豆原は「リード曲の『無限大』は僕らの無限の可能性を歌っています。ところどころにポイントとなる振り付けがあるので、まねしてほしいです」と説明し、後を受けた川尻は「豆が言ってるまねしてほしい部分は『無限大』という歌詞の部分で、振り付けは無限の可能性とかパワーを表しています」と追加した。

 同じく「無限大」の注目点について河野は「『無限大』のMV撮影は時間を掛けて頑張りました。ヴィジュアルも出ていると思うんですけど、そこで使われている幻想的な自然の風景に僕たちの無限大な可能性を感じてもらえると思います」と話し、金城は「無限大のダンスブレイクの最後でみんなで筋肉キスをします。そのときの顔は見どころですね」とアピール。さらに、大平は「ダンスブレイクでは、キレイな僕たちの千手観音が見れるので、おすすめポイントです」とミュージックビデオからも目が離せない仕上がりになっているという。

 鶴房は「『La Pa Pa Pam』は、みんないかつくなっているので、ご期待ください!」と呼びかけ、與那城は「『La Pa Pa Pam』は力強くてパワフル。『無限大』と『ランニング』のギャップを楽しんでいただけたら」と呼びかける。木全は「重低音がスゴい乗れる曲です。ライブで1番、盛り上がる曲だと思うので、一緒にライブで盛り上がりましょう!」と同曲について熱い思いを口にした。

 白岩は「『Running』は僕らがファンの方に向けて歌っている曲。僕らとファンの方で、いろいろ思うことがある曲だと思います」としみじみ語り、佐藤は「『Running』は感情を表した振り付けです。僕が好きなのは抱きしめるところ」と笑顔を見せた。最後に川西は「11人が初めて1つなって作り上げた僕たちにとっても特別なデビューシングルになっています。僕たちの気持ちが伝わればいいなって思います」とまとめていた。

 国民プロデューサーによって、11人のメンバーが決まった。もし、自分がプロデューサーになり『PRODUCE 101 JAPAN』で歌っていたコンセプト曲の「DOMINO」、「Black Out」、「クンチキタ」、「Happy Merry Christmas」、「やんちゃBOYやんちゃGIRL」を、どういったメンバー構成で歌ってもらいたいか。11人は悩みながらも、思い思いのメンバー構成を明かす。

 豆原は「やんちゃBOYやんちゃGIRL」を選び、メンバーは川尻、川西、鶴房、白岩、佐藤、金城を選択。「僕はプロデューサーで6人にやってほしいですね」と屈託なく笑顔に。川尻は「豆とS4(大平、鶴房、木全、金城)の弟チームで『Black Out』が見たいかな」と思案する。「クンチキタ」をリクエストした鶴房は「肩ゴツいチームで!」と話し、誰がメンバーか相談したが「みんな、ゴツい」と笑い合った。

 白岩は「1人で『Happy Merry Christmas』か、大人チーム(川尻、川西、白岩、佐藤、河野、與那城)で『Happy Merry Christmas』で!」とイメージ。佐藤は「真面目に言っていいですか」と豆原、川尻、川西、大平、鶴房、佐藤、木全、河野を指名し、「DOMINO」を選曲。メンバーから「おぉ」と歓声が上がった。

 最年長の與那城は「見てたい側。みんなの『Happy Merry Christmas』を。ルキより、はっちゃけられるのか。取り合うドロドロなところを玉座で見ていたい(笑)」とプロデューサー願望を告白。河野は「木全に1人で『クンチキタ』をやらせたい。1人が好きそうやし」と笑っていた。金城も「クンチキタ」を選曲。メンバーは自身と川尻で「『DOMINO』もやってみたいけど『クンチキタ』で」と思いを巡らせる。河野に単独指名された木全は「純喜くんの1人『DOMINO』で」とお返ししたが最終的には「11人でやりたいです!」と総出演での「DOMINO」を熱望した。

 大平は「全員でやんちゃやりたい! 絶対に楽しい」と満面の笑み。そして、與那城はセンター指名され、思わぬ展開に「俺なの?」と驚きの表情。周囲は大爆笑だった。最後は川西が「1人で『Black Out』やりたいですね」と締めくくっていた。

 また、メンバー間で恋人にするなら誰かを指名する形式で質問。豆原は河野、川尻は白岩、鶴房は河野、白岩は川尻、佐藤は白岩、與那城は白岩、河野は鶴房、金城は川西、木全は河野、大平は白岩、川西は鶴房という結果に。1番人気は白岩の4票、続いて河野と鶴房の3票が続く結果となっていた。「優しいから」、「一緒にゲームをやりたい」、「顔」など思い思いの理由で“恋人”を選択していた。

 最後にリーダーの與那城は「僕たち3月4日に『PROTOSTAR』でデビューすることが決まりました。新曲を3曲収録していますので、みなさん、ぜひぜひチェックお願いします!」と笑顔でデビューシングルをアピール。デビューから人気沸騰のJO1から目が離せない。