韓国の男性7人組グルーブ・BTSの最新アルバム『MAP OF THE SOUL:7』が、3月3日発表の最新「オリコン週間アルバムランキング」で、37.7万枚を売り上げ、1位を獲得。これで、2018/9/17付の『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』(2018年8月発売)以来、通算5作目の1位となった。

【写真】世界中の記者から集まった質問に答えるBTS

本作は、「自分探し」がテーマに敷かれた『MAP OF THE SOUL』シリーズ2作目。タイトル『MAP OF THE SOUL:7』の「7」は、メンバー7人がデビュー7年を振り返り、今に至るまでの“見せたい自分”と “目を背けたい自分”との葛藤や苦悩、そしてその傷もまた自分の一部であると受け入れ、“ありのままの自分”を見つけたことを曲を通して表現している。リードトラックの『ON』ほか、メンバー7人それぞれのソロ曲を含む全19曲が収録されている。

<クレジット:オリコン調べ(3/9付:集計期間2月24日~3月1日)>