NHK・BSプレミアムのBS時代劇枠(毎週金曜 後8:00~8:43)で、これまで2013年、15年、17年、18年に放送されてきた『雲霧仁左衛門』の第5シリーズ(全8回)が、今年8月から放送されることが発表された。

【写真】大奥の総取締・滝山役で出演するともさかりえ

 数々の盗みを成し遂げた稀代の大盗賊・雲霧仁左衛門(中井貴一)と、宿敵である火付盗賊改・安部式部(國村隼)の攻防が見どころ。これまでのメンバーに新キャストを加えて、一層バージョンアップする。

 今回、雲霧仁左衛門が狙いを定めたのは大奥の隠し金。ターゲットは、大奥で絶大な権力を誇る総取締・滝山(ともさかりえ)だ。滝山は大奥のみならず、若年寄・三好出羽守(筧利夫)を使い、表向きの政治にも力を揮っていた。

 実は、滝山には秘密があった。断絶した家を再興するために、大奥が積み立ててきたばく大な隠し金の総取りをたくらんでいたのだ。滝山に忖度した三好により、二人目の火付盗賊改に登用された山川安左衛門(早乙女太一)は、若さゆえの行き過ぎた正義感で江戸市中で苛烈な取り締まりを行い、雲霧を追い始める。一方、本来の火付盗賊改である安部式部は、滝山に隠された秘密に迫っていく。