俳優の千葉雄大(30)が3日、東京・表参道ヒルズで行われた映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』(5月22日公開)日本語吹替版声優イベントに出席。前作に続き、ウサギのピーターラビットの日本語吹き替え版声優を担当する千葉は、周囲から“うさぎ”の声優がハマり役と褒められたことを振り返り苦笑していた。

【動画】再びピーター役に決定した千葉雄大

 再びピーターの声優を務めることについて千葉は「すごいうれしいですし、人間を演じてもなかなかハマり役と言ってもらえるものは少ない。ピーターをやった2年前に、ハマってると言ってくださった方が思っていたより多かった」と意外と好評だったことに喜び。「人生のハマり役が“うさぎ”っていうのは自分らしいかなと思う。それにおごらずにまた頑張りたい」と意欲を見せた。

 この日はピーターを意識した衣装で登場。「僕は形から入るタイプ。ピーターラビットの青いジャケットを身にまとって、もう役作りはばっちりです!」と満面の笑みで語った。

 イベントには、本作で地下組織のボス・バーナバスの声優を務める俳優の哀川翔(58)も出席した。

 イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されるウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』。大好きなビアとマグレガーの結婚式から物語は始まり、いきなり父親づらをするマクレガーに叱られ続ける毎日に嫌気がさしたピーターは、生まれ育った湖水地方を飛び出してしまう。そんなある日、亡き父親の親友だと名乗るバーナバスと出会う。地下組織を率いるバーナバスは、都会で生きていくための盗みのスキルをピーターに教える。バーナバスに父親の面影を重ねたピーターは、認められたいばかりにワルさがエスカレートしていく。ピーターは、このままダークサイドに堕ちてしまうのか。