集英社が2日、政府が新型コロナウイルスの感染拡大で全国の学校に臨時休校するよう要請したことを受け、多くの読者である子ども・青少年・少女が自宅待機を余儀なくされていることから、漫画誌『週刊少年ジャンプ』のバックナンバー(2020年1号~13号)を無料配信することを発表した。きょう2日正午から31日午後11時59分まで漫画アプリ『少年ジャンプ+』と集英社の総合電子書店「ゼブラック」で配信し、『週刊少年ジャンプ』を10冊以上一度に無料公開するのは初の試みとなる。

【画像】コミックス累計4000万部突破!連載中の人気漫画『鬼滅の刃』

 これは、臨時休校により読者に不安が広がっていることから、編集部として少しでも漫画で笑顔を届けたい、楽しませたい思いからバックナンバーの無料配信を急きょ決定したもの。

 週刊少年ジャンプ編集部は「『週刊少年ジャンプ』のバックナンバー2020年1号~13号を期間限定で無料配信することとなりました。子どもたちはじめ外出が難しい方々に『週刊少年ジャンプ』デジタル版を楽しんでいただければと思います」と伝えた。

 なお、『週刊少年ジャンプ』は2018年7月に、西日本を中心とした豪雨の影響で、一部地域の配送に大きな影響があったことで多くの読者が読めないことから、インターネット上で最新号を無料配信する措置などもしている。