テレビ朝日で放送中の360°ドラマ『鈍色の箱の中で』(毎週土曜 深3:00)。29日深夜放送の第4話は、嫉妬、憎悪、執着…偏った愛がぶつかり合い、さらにエグい展開に。そんな撮影現場の様子を紹介する。

【写真】欲望が交錯する第4話(2月29日放送)の場面写真

 同じ分譲マンションに住む幼なじみの高校生たちの初恋をテーマに、桜井美羽(久保田紗友)を中心に、辻内基秋(萩原利久)、真田利津(神尾楓珠)、高鳥あおい(岡本夏美)、庄司悟(望月歩)の複雑な感情を描く本作。

 第3話で、基秋と「バイオリンのお姉さん」こと、綾芽(筧美和子)が抱き合う姿を、企み通り美羽に目撃させた利津。動揺する美羽に「俺にしとけば? 俺にしとけよ」と強引にキスするなど、幼なじみに対してあざ笑うような言動をとってきた利津の心境が第4話から徐々に変化。第4話で、利津は「これでお前ら全員コンプリートだ」と、幼なじみ4人全員とキス完了!? 「誰とでもキスできるし好きじゃなくても抱ける」と強がる利津の本音を見透かしていたのは、意外にもあの人だった。

 さらにいつも一緒にいるあおいと悟も、実はそれぞれほかに好きな人がいるようで…!? 内藤秀一郎演じるチャラ大学生がずぶ濡れの美羽に声をかけ美羽が大ピンチとなる緊迫のシーンや、あおいの体に異変が起きる場面もあり、めまぐるしい展開の30分。

 第4話にはバスケ部の本田先輩を演じる宇佐卓真も再び登場。宇佐は同い年の望月と意気投合したようで、撮影後は郊外のロケ現場から一緒に帰宅。自信満々で道を誘導していた宇佐が、実はまったく違う見当違いな方向に道案内していたそうで、望月は宇佐の意外な天然ぶりに驚いていた。とはいえ予想外の珍道中で、さらに絆は深まった(!?)。

 美羽が大学生集団に襲われたり、基秋と悟が美羽を探しに行く場面など、外での撮影が多かった第4話。萩原と久保田が出演するシーンはなぜか風が強いことが多く、現場では共演者から「風女と風男」と呼ばれていた。