NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。第7回「帰蝶の願い」は、美濃の斎藤道三(本木雅弘)の娘・帰蝶(川口春奈)に、尾張の織田信秀(高橋克典)の嫡男・信長(染谷将太)との縁談が急浮上したことを中心に物語は展開する。

【写真】いよいよ織田信長(染谷将太)が登場

 前回、主人公・明智光秀(長谷川博己)が、京で随一の権勢を誇っていた管領・細川晴元(国広富之)と、家臣・三好長慶(山路和弘)、松永久秀(吉田鋼太郎)の内部抗争に巻き込まれて負傷し、療養していた頃…。天文17年(1548年)。光秀の主君でもある道三は、信秀に奪われた西美濃の大柿城(大垣城)に進軍。大柿城の奪回に成功する。

 信秀率いる織田軍の敗因は、織田一族が割れたことにあった。清洲城の守護代・織田彦五郎が信秀の城・古渡城を攻めたのだ。信秀は、駿河・遠江の義元、美濃の道三、一族の彦五郎の3つの敵に囲まれることに。窮地に立たされた信秀は、道三と和議の結ぶことを決めるのだった。

 旅から明智荘に帰った光秀を待ち構えていたのは帰蝶だった。帰蝶は美濃の守護大名・土岐氏の頼純のもとに嫁していたが、加納口の戦い(第2回)を裏で仕組んだ頼純を暗殺したため、出戻っていた。そんな帰蝶は、幼なじみで、ほのかな恋心を抱く光秀に、今回の尾張への輿入れを止めて欲しいと頼む。一方、道三からは口をきかなくなった帰蝶を説得するように命じられる。板挟みになった光秀は?