俳優の横浜流星が女優・清野菜名とW主演を務める読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(後10:30)第8話(3月1日放送)の場面カットが解禁。横浜演じる森島直輝と、佐藤二朗演じるMr.ノーコンプライアンスであり大臣でもある佐島が直接対決。血まみれになった熱演シーンが公開された。

【写真】要潤に掴みかかる横浜流星

 同ドラマは清野演じる囲碁棋士の川田レンと謎の存在・ミスパンダ、横浜演じる大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる飼育員さんでもある直輝が“最凶バディ”として世の中のグレーゾーンにシロクロつける。

 第7話では、リコがレンとして生きることになったきっかけとなった10年前のバンガロー放火事件の犯人が、なんと母親である麻衣子(山口紗弥加)であることが発覚。さらに、門田先生(山崎樹範)の殺害の犯人までもが麻衣子であることが明らかになった。麻衣子は、双子の育児への行き詰まりから、育てやすかったレンを溺愛した挙句、レンとリコの双子の入れ替わり論文が発表されると、完全にレンが消えてしまうことがわかり、門田先生を殺害してしまったのだった。

 そして、第7話のラストには新展開が。コアラ男の誘拐事件の犯人が直輝の父、森島哲也(田中圭)と報道されることとなる。パンダの覆面をかぶったミスターパンダの存在が明らかとなり、このミスターパンダの存在とコアラ男誘拐事件の謎が、第8話では紐解かれていく。第8話では、さらに闇黒の淵をさまようことになる直輝。神代(要潤)のスクープに激しく憤り、父の復讐を果たすため佐島と対峙することとなる。