女優でモデルの新木優子(26)と俳優、横浜流星(23)が、クリスチャンディオールのジャパンアンバサダーとして1日、大阪・北区の阪急うめだ本店で開幕した『ディオール、パリから日本へ』展の内覧会に出席した。

【別写真】内覧会に出席した新木優子と横浜流星

 スモーキーピンクのディオールのドレスをまとった新木は「伝統的なレースが使われていて、シルエットも特徴だと思います」と解説し、「(アンバサダーとして)仕事で実生活でもディオールの魅力を引き出し、広げていきたい」と語った。

 男性初のアンバサダーに就任した横浜はグレーのスーツで登場。「グレーはムッシュ・ディオールにとって特別な色だと聞きました。シックでエレガントでカッコイイ。あこがれのブランドなので、すごく光栄。僕もディオールの魅力を皆さんに伝えていきたい」。

 同展では、メゾンのアイコンとなっているバッグ「レディ ディオール」をはじめ、日本に魅了された歴代のデザイナーたちを象徴するコレクションの数々が並ぶ。会場内にアトリエを設置して、バッグを制作する職人たちの様子を見ることができる。

 パリのアトリエを訪れたことがある新木は「一つひとつの工程の巧みな技術がすばらしく、パリでしか見られない、と目に焼き付けてきました。それが一部ではありますが、ここ見られるなんて」と感激の様子。2人は同展の音声ガイダンスも務めており、横浜は「声の仕事に興味があったので、このタイミングでやらせていただけて幸せでした。ふだん使わない言葉があったりしましたが、聴きやすく、わかりやすい表現にしようと、(納得がいくまで)何度もとり直しました」。

 新木も「横浜さんが先に録音されていて、とてもすてきな声を聴きながらでしたので、プレッシャーでした(笑)。初めてで緊張しましたが、録音した自分の声を聴いて、細かいところも納得がいくまで何度もやり直しました」と、両者とも初の音声ガイドに手応えを感じたようだ。

 ディオールのドレスを着こなすための体型維持について聞かれると、新木は「毎日鏡の前でボディチェックをします。常に体を見張っていることが大事」と、トップモデルの極意を明かし、横浜は「歩くことでも何でも、なかなか結果が出なくても続けることが大切だと思います」。

 同展は阪急うめだ本店9階うめだギャラリー・梅田ホールで22日まで開催の予定。主催者は新型コロナウイルスによる感染拡大予防のため「体調の悪い方は来場をお控えください」と注意を喚起している。