女優のマーゴット・ロビーが演じる、史上最もキュートでポップな”悪カワヴィラン“ハーレイ・クインを主人公にした映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(3月20日公開)の日本語吹き替え版キャストが発表された。

【動画】留置所で大暴れするハーレイ・クイン&日本版予告

 ハーレイ・クインを担当するのは、前作『スーサイド・スクワッド』でもハーレイを演じた東條加那子。「このキャラクターに惚れ込んでいたので、また彼女にシンクロしてしゃべる機会がいただけたのは、本当にうれしかったです」と、続投を喜んだ。

 しかし、本作のハーレイは、ジョーカーと破局して、自慢の髪をバッサリ切ったことでトレードマークのツインテ―ルが少し短くなった分、過激さと危険さがスケールアップ。「ハーレイの天真爛漫さはそのままに、今回はジョーカーと失恋しても負けずに頑張る1人の女の子としても、共感できる部分もたくさんあったので、そういう人間味のあるところも表現できればと思い演じました」と、話している。

 そして、ゴッサムの裏社会を牛耳るサイコな悪で、ハーレイを執拗に狙うブラックマスクを演じるのは、映画『ズートピア』のニックや、アニメ『鬼滅の刃』の産屋敷耀哉などで知られる森川智之。

 「サイコな悪役は今までになかったかもしれません。これまでいろいろな悪役を演じできましたが、ここまで振り切れた悪役は初めて。ユアン・マクレガーのこれまでのイメージが覆ると思いますよ。とても楽しかったです!」と語り、悪のカリスマ・ジョーカー以上のヤバさをみせるブラックマスクは、数多のキャラクターを演じてきた森川にとっても特別だったよう。

 「危ういキャラなんです。ぶっ飛んだ悪役なのですが、必ず誰かが側にいてあげないとダメ。逆に守ってあげたくなる、愛されキャラでもあるんです」と、裏腹な魅力があることも指摘していた。

 さらに、ハーレイとブラックマスクが壮絶なバトルを繰り広げるきっかけとなる“謎のダイヤ”を盗んだ少女 カサンドラ・ケインを演じるのは、『鬼滅の刃』の甘露寺蜜璃や、『五等分の花嫁』で中野一花を演じている花澤香菜。

 「アメコミ作品に関われることが初めてなので、すごくうれしいです」という花澤は、「私が演じたカサンドラは、年の割には大人びていて、太々しいところがあるのですが、そこがまたかわいくて。吹替えながら、何回も“かわいいな~この子”と思いながら演じていました」と、カサンドラの魅力を語った。

 また、花澤は「ハーレイは決して良いことをしているわけではないのに、観ていてとてもスカッとするんです。厳しい状況に置かれていても本人はカラッとしていて、より大きな悪に立ち向かっていく姿が頼もしい! ぜひいろいろな方に観ていただきたいです!」と公開を待ちわびるファンへ熱いメッセージを贈っている。