人気グループ・NEWSの増田貴久が27日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW パレートの誤算 ~ケースワーカー殺人事件』完成報告会に登壇した。橋本愛演じる主人公の聡美の同僚・小野寺淳一役を演じた増田は、橋本と松本まりかとのシーンで、松本いわく「タバコを吸うシーンがあるんですけど、うまくできないんですけど髪の毛を燃やしたっていう…」とハプニングが発生。そのまま演技を続行した橋本と松本に増田は「女優すげえなって思った」と、あ然としたことを明かした。

【写真】イベントに出席した増田貴久ら 個別ショット

 当時を振り返り「リハーサルだったんですけど、髪の毛燃えているのに演技を続けているんです。僕、こんなになって、水、水、水!みたいな」と立ち上がって大慌てする様子を再現する増田は「橋本さんも(芝居を)続けてたので『なんだこいつ』って。本当に2人とも続けてて…男性陣は焦ってたと思うんですけど」と苦笑。松本は「恥ずかしいけど続けなきゃって。ライターが下手だということじゃないですか。でもカッコつけて、燃えてないよ、ってしてました」と涼やかに笑った。

 小説家の柚月裕子氏の原作を実写化した同ドラマは本来の希望ではない社会福祉課のケースワーカーの職に就いていた聡美(橋本)の信頼していた先輩が、アパートで焼死体で発見されたことから、福祉や市政、医療を取り巻く町の闇に巻き込まれていくサスペンス。

 また、増田の後輩でジャニーズJr.の人気グループ・美 少年の那須雄登はドラマ初出演ということもあり、「お話を頂いた時に率直にめちゃくちゃうれしかった。不良役で金髪に染めるということで一生忘れないなと」と感激。「すぐメンバーに伝えて。すでにドラマに出ているメンバーもいるので『ちゃんと台本を読んでちゃんと覚えていくんだよ』『頑張って』と言ってもらってうれしかったです」と喜びを噛み締めた。

 そんな那須にアドバイスをしたかどうか聞かれた増田からは「いやいや、僕はできないですよ…同じシーンがなかった」としつつも「緊張しているかなと思って、『撮影どうだった』ってメール送ったらその日は返ってこなかった」と苦笑。「次の日『大丈夫でした!』って返ってきて」と暴露すると、那須は「あんまりスマホみないんです…すみません。ありがとうございました」と恐縮しきりだった。

 撮影期間中には、キャストのひとりである北村有起哉の第2子が誕生。北村は「たまたま撮影がない日だったので…撮影中だったらハラハラして撮影どころじゃなかった」と安堵すると、橋本は「新たな生命が生まれたという」と祝福。北村は「死ぬまで働きます」と笑顔をみせていた。イベントには柚月氏も登壇した。3月7日毎週土曜の午後10時から全5話放送(第1話無料放送)。