NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。第5回(16日放送) で主人公・明智光秀(長谷川博己)は、斎藤道三(本木雅弘)の命を受け、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。そこで、堺で出会った人々(第1回)と再会し、新たな人物と出会い、またいろいろなうわさを耳にする。

【写真】13代将軍・足利義輝(向井理)も初登場

 初登場キャラクターの一人、室町幕府末期の幕臣(将軍奉公衆)・細川藤孝役の眞島秀和は「今回から、僕が演じる、細川藤孝が登場します。生涯の盟友と言われた、光秀と藤孝の出会いのシーンをお楽しみください」とコメント。細川藤孝は、三淵藤英(谷原章介)の弟で、当代きっての文化人であり、文武両道の人物として知られる。

 さらに、室町幕府第13代将軍・足利義輝役の向井理、室町幕府管領家・細川晴元役の国広富之、細川晴元の家臣・三好長慶役の山路和弘らが初登場。

 京にやってきた光秀は、腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次を探しに本能寺へ。将軍・足利義輝の護衛で本能寺にいた三淵と再会する。本能寺で鉄砲を作っていたはずの伊平次は忽然と姿を消し、将軍家も探しているという。三淵に連れられて松永久秀(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から、鉄砲の真の力とはお互いをけん制させ、戦を減らす抑止力になることであると聞く。伊平次は見つかるのか?