俳優のハリソン・フォードが主演する映画『野性の呼び声』(2月28日公開)の特別映像が解禁された。同映画は、アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説をもとに、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして言葉を超えた友情と冒険を描く感動のアドベンチャー。「スター・ウォーズ」シリーズでは、ウーキー族の言葉を話すチューバッカを相棒にしていたが、本作では犬のバックと言葉の壁を越えて心を通わせる。解禁された映像では、「お前は最高の相棒だ…」とささやくソーントンに、ピッタリと寄り添うバックの後姿が印象的で感動的だ。

【動画】ハリソン・フォード、犬について語る特別映像

 愛する息子を失い孤独な旅を続ける男ソーントンは、ある日数奇な運命に導かれ、犬ぞりの先導犬を務めるバックと出会う。美しく雄大な大自然を旅する中で、しだいに強い絆で結ばれてゆくソーントンとバック。そしてこの奇跡的な出会いが、再び彼らの心に命の炎を灯してゆくことになる。

 ハリソンのコメントにも注目だ。個人のSNS は開設せず、自身のプライベートをほとんど発信していないハリソンだが、珍しく「ずっと犬と暮らしているが、犬にも個性がある。愛情を持って接すれば犬は愛を返してくれる」と、愛犬とのプライベートを明かしている。ハリソンは現在も犬と暮らしているようで、「今は4匹の犬を飼っているよ。どの犬も救助されたり、保護されたり、街角で見つかった犬ばかりなんだ」と、劇中のソーントンとバックのような奇跡的な出会いがあったという。

 「それぞれ違う性格だから、私との関係性もそれぞれの特徴や性格によるんだ。映画の中で、“私の犬も同じようなことをしていたな“と思い出させてくれる瞬
間もあったよ」と、自身の愛犬との生活と重なるシーンがあったようだ。犬と暮らし、犬を愛してやまないハリソンだからこそ表現できた、と言ってもいい本作でのハリソンのいぶし銀の演技、そしてバックの凛々しくもかわいらしい表情は、観るものの心を深くとらえるに違いない。