女優の恒松祐里が、テレビ東京のドラマ『100文字アイデアをドラマにした!』(毎週月曜 深0:12)の第5話(17日放送)、第6話(24日放送)で主演を務めることが発表された。恒松は、地上波ドラマ初主演となる。

【写真】1月期のドラマ『女子無駄』にヲタ役でも出演中

 同ドラマは、テレビ東京とメディアプラットフォーム「note」とのコラボレーションによる連続ドラマ新企画。note上で「テレ東で観たいドラマ」を100文字で募集し、投稿されたアイデアの中からテーマを決定。さらに、そのテーマにそったシナリオを募集し、その中から選んだシナリオをもとにドラマを制作。恋愛、コメディ、サスペンスなど、ひとつのテーマからさまざまな物語を紡いでいく。

 1月(第1〜4話)は、noteユーザー投稿アイデア「月がきれいですね」をもとに、「彼女は『好き』が言えない」のテーマにそった恋愛ストーリーを放送。2月(第5〜6話)は投稿アイデア「鍋パーティの謎めいたヒロイン役」「ある日、突然、物の声が聞こえるようになった女の子役」をそのままテーマにしたコメディー作品を制作。恒松が1話ごとに違った役柄を演じる。

 恒松は「noteで採用されたアイデアの一つ一つが斬新で、驚きました! 今回演じさせていただいた2つはどちらもコメディ要素とファンタジー要素が融合されています。5話の方はコメディー要素が強く、現場での芝居の掛け合いが面白くて笑いながら撮影していました。6話の方はファンタジー要素が強く、一人芝居をしているようでもあり、不思議な感覚でした。変わったお話の2つの作品ですが、どちらも一歩前に前進出来る内容になっています。是非ご覧ください!」と、コメントを寄せている。