タレントの榊原郁恵が14日放送のTBS系連続ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(毎週金曜 後10:00)第5話に出演することがわかった。伊藤英明演じる主人公の僧侶・松本照円の師匠である円明(団時朗)の古くからの友人・石川祐三(品川徹)の家族を演じる。榊原が同局ドラマに出演するのは、1987年2月に放送した東芝日曜劇場『愛・七つの質問』以来、33年ぶりとなる。

【剃髪前後比較写真】バッサリ!肩までつくロン毛から丸刈りにした伊藤英明

 同ドラマは、ビッグコミック増刊号で現在も連載中の『病室で念仏を唱えないでください』(小学館ビッグコミックス・既刊6巻)をもとに、僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマ。

 第5話では患者家族に暴力を振るい無期限の出勤停止となった松本が、石川の危篤を知り、自分に何か出来ないかと、自宅で最期を迎えようとしている祐三のもとへ向かう。石川家では祐三の親族一同が集まり、静かに看取ってほしいという本人の希望通り、延命治療はせずに見送ろうとしていた。

 だが、遺された家族は本人の意思を貫くだけで悔いが残らないのか…。そして医師としても僧侶としても何もできることがない松本も悔いが残らないのか…。誰もが一度は経験するであろう、大切な人が終焉を迎えるとき、自分はどう向き合うのかを考えさせられるストーリーとなっている。