V6の井ノ原快彦がMCを務めるテレビ朝日系バラエティー番組『県索しちゃいました』が21日(後8:30~9:48)に放送される。井ノ原がテレビ朝日のバラエティー番組でMCを担当するのは、『ザ・ラストショー〜エンディング図鑑〜』(2012年12月)以来、8年ぶりとなる。

【写真】今回は『ザワつく!金曜日』と合体SP

 今回の番組は、都道府県とさまざまな検索ワードを組み合わせてインターネットの中に眠る“レアな情報”をピックアップしていく“県(検)索バラエティー”。昨年12月7日、14日の深夜に放送され、今回、初めてゴールデンタイムに登場する。

 MCは井ノ原と森泉(過去2回から継続)が初タッグ。ゲストとして長嶋一茂、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、田中樹(SixTONES)が出演する。収録は、VTRを観ながら、気ままなトークを繰り広げ、まるで自宅に友人たちを招いて一緒にテレビを楽しんでいるかのようなくつろいだ雰囲気で進行。今回、「祭り」「神業・早業」「賞味期限」などのキーワードを“県索”した。収録後、井ノ原は「日本ってカワイイ!」と、多彩で奥深いローカルな世界に触れた感想を語っていた。

■井ノ原快彦のコメント
――収録の感想は?

 心地よいスピード感でVTRが進行したので、興奮冷めやらぬ…という感じです。組み合わせる検索ワードによって、面白い情報がいろいろ出てくるものですね!この番組にはテレビを見ながらリアルタイムで検索し、情報を見つけながら楽しんでもらう…という新しい面白さがあります。“コレは訪ねる価値がある!”と思うお店や、愛すべき地元の人たちがたくさん登場して最高でした!日本って愛しいな、カワイイなと思いました。

――森泉さんとMCで初タッグを組んでみて、印象は?

 みなさんとワイワイガヤガヤVTRを楽しんだので、MCという自覚はあまりなかったですね。実は、森さんは僕の姪っ子にそっくりなんですよ! だからずっと姪っ子と話している感覚がありました(笑)。

――『ザワつく!金曜日』の“ザワつく!トリオ”に対抗して、コンビに愛称をつけるとしたら?

 僕自身はとても息が合ったMCコンビだと思っていますが、これまであまり森さんと並んでテレビに出る機会がなかったこともあり、“ザワつく!”よりも“バラつき!”かな(笑)。(森が「ふんわり!コンビ」と命名すると)じゃあ、僕らはそれでいきましょう! これからの時代、何事もふんわりしていたほうがいいに決まってますからね(笑)。

――テレビ朝日のバラエティーMCは8年ぶりですが、いかがでしたか?

 いや~、すっごく楽しかったです! スタジオには観覧のお客さんも大勢いて、スタッフの方も多く、カメラもたくさんある現場ですから、普通なら緊張感のある番組になりそうですが、終始、友だちとテレビを見ているような感じでした。テレビの前のみなさんもゆったりした気持ちで見ていただきたいですね。

――ちなみに最近、気になって検索したことは?

 僕が調べたのは、“ハリガネムシ”について。カマキリに寄生する虫なのですが、寄生されたカマキリは操られて水辺まで行き、そこで息絶えてハリガネムシは水辺に戻るんですって。ハリガネムシは興味深い虫なので、一度調べてみてほしいです(笑)。

――視聴者のみなさまにメッセージをお願いします!

 収録がはじまる前にスタッフの方から“自宅でテレビを見ている感じで”と言われたこともあり、くつろいだ雰囲気で進行しました。日本のいいところ、面白いところを発見して世界に向けて発信できる番組です。といっても、肩ひじ張らずに見られるバラエティーですので、ぜひ気軽に楽しんでください!