プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが死去したことが11日、わかった。84歳だった。同日、楽天時代に選手、監督という関係だった田中将大投手(現ヤンキース)がツイッターを更新。「突然の訃報に言葉が出ません」と心境を綴った。

【写真】妻・沙知代さんを思い涙を流す野村克也さん

 プロ入り1年目から野村さんの指導を仰いだ田中選手は「野村監督には、ピッチングとは何か、そして野球とは何かを一から教えていただきました」と振り返る。続けて「プロ入り一年目で野村監督と出会い、ご指導いただいたことは、僕の野球人生における最大の幸運のひとつです。どんなに感謝してもしきれません」と恩師への思いを綴ると最後は「心よりご冥福をお祈りいたします」と結んだ。

 野村さんはテスト生として1954年に南海に入団。その後はロッテ、西武で捕手としてプレーした。巧みなインサイドワークと強打で知られ、65年には戦後初の三冠王を獲得。現役を45歳まで続け、通算3017試合出場は歴代2位。本塁打王9回、首位打者1回、打点王7回という輝かしい成績を残した。

 南海では73年に監督兼任でリーグ優勝。90年にヤクルトの監督に就任するとデータを用いた“ID野球”でリーグ優勝4回、日本一3回という結果を残した。その後に阪神、楽天でも監督を務め、勝てるチームの礎を築いた。