プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが死去したことが11日、わかった。84歳だった。

【写真】妻・沙知代さんを思い涙を流す野村克也さん

 野村さんはテスト生として1954年に南海に入団。その後はロッテ、西武で捕手としてプレーした。巧みなインサイドワークと強打で知られ、65年には戦後初の三冠王を獲得。現役を45歳まで続け、通算3017試合出場は歴代2位。本塁打王9回、首位打者1回、打点王7回という輝かしい成績を残した。

 南海では73年に監督兼任でリーグ優勝。90年にヤクルトの監督に就任するとデータを用いた“ID野球”でリーグ優勝4回、日本一3回という結果を残した。その後に阪神、楽天でも監督を務め、勝てるチームの礎を築いた。

 また、17年12月には最愛の妻の沙知代さん(享年85)を亡くし、翌年のお別れの会で野村さんは「これから先、どうやって生きていけばいいんだろうというのが、今の強い気持ち。いい奥さんでした」と涙を拭いながら語っていた。