ライブ、ゲーム、コミックなどさまざまなメディアミックスを展開している『BanG Dream!』(バンドリ!)の氷川紗夜役で、派生バンド・Roseliaでギターを担当している声優・工藤晴香が、3月25日にミニアルバム『KDHR』(読み:くどはる)で日本クラウンからソロデビューすることが明らかになった。

【写真】キャラクター姿で映る「イニシャル/夢を撃ち抜く瞬間に!」ジャケット

 工藤は2003年に『Seventeen』専属モデルとしてデビューし、05年にテレビアニメ『ハチミツとクローバー』の花本はぐみ役で声優デビュー。その後も数多くのアニメに出演し、16年からガールズバンドとして夢を追いかける少女たちを描く『バンドリ!』の氷川紗夜役、Roseliaではギターを担当している。

 声優、ミュージシャンに加え、イラストレイターやデザイナーとしても活動するマルチクリエイターとあり、自身の愛称をタイトルにしたデビュー作『KDHR』では、6曲すべての作詞も担当した。

 工藤は「14歳からモデルとして芸能界で活動を始め、今は声優として楽器や殺陣などさまざまなことに挑戦している私が、ついに、アーティストデビューさせていただくことになりました!」とファンに喜びの報告。「作詞にも初めて挑戦し、私の歩んできた道や想いを表現しました。私にとって今まで経験したことのない未知の世界ですが『人生1度きり!全力で楽しむ!』をモットーに、たくさんの人に“くどはる”を知ってもらえるよう頑張ります!」と意気込んでいる。

 メジャーデビューを記念し、3月27日には東京・Shinjuku BLAZEで初のワンマンライブ『KDHA ROOM〜MY VOICE MY LIVE〜』開催も決定し、公式ファンクラブ「KDHR Apartment」でのチケット先行予約もスタートした。