2月9日に結成10周年を迎えたオオカミバンド・MAN WITH A MISSIONが、『MAN WITH A “10TH” MISSION』と銘打ち、そのキックオフとなるイベント『MAN WITH A “10TH” MISSION 爆誕祭~TRACE the HISTORY公開直前SP~』を同日、東京・Zepp Tokyoで開催した。

【ライブ写真】パワフルな演奏で満員の会場を盛り上げるマンウィズ

 今回のイベントはそのアニバーサリーライブと、今月14日より公開される自身初の音楽ドキュメンタリー映画の上映会&トークセッションの2部構成で行われた。

 第1部のアニバーサリーライブは、これまで発表されたオリジナルアルバムなどの“1曲目”を次々と演奏し、ファンと共に歩んできた10年の歴史を一気に体感できる内容となった。ジャン・ケン・ジョニー(G/Vo/Raps)が「本日2月9日ハ、我々ノ製造年月日デス! 今日ハオ祭リナノデ、思イノ丈ヲブツケテクダサイ!!!」とファンたちに呼び掛け、会場を盛り上げた。

 後半はおなじみのヒットチューンに加え、新曲「The Victors」も初披露され、ボルテージは最高潮に。会場でライブを体感できないファンのため、全国49ヶ所でライブビューイングが行われ、ジャン・ケン・ジョニーが「全国ノ皆サン聞コエテマスカー?」と全国の映画館にいるファンにも声を掛ける場面もあった。

 第2部は今月14日~27日の2週間限定公開となる、バンド初の音楽ドキュメンタリー映画『MAN WITH A MISSION THE MOVIE -TRACE the HISTORY-』が公開に先駆けて上映され、一部の公開にもかかわらずファンから歓声が上がった。

 その後、バンドとゆかりの深いフリーアナウンサー・安東弘樹の進行のもと、ジャン・ケン・ジョニーと、本作の監督・チェンコ塚越氏とのトークセッションが行われ、映画撮影の裏話で会場が爆笑の渦に包まれた。後半では残りのメンバー4匹も登壇。珍回答が続出し笑いの絶えないトークとなった。

 またイベント中に、バンドの10周年プロジェクト『MAN WITH A “10TH” MISSION』の全貌も発表となり、2つのアニバーサリーミッションが解禁された。

 1つ目のミッションは、バンド史上初の野外フェス&ワンマンライブ『THE MISSION』がFUJI ROCK FESTIVAL協力のもと“狼達が愛してやまない”フェスの聖地、苗場スキー場での開催が決定。初日の8月29日はバンドと親交のある国内外のアーティストが集結したフェス形式で、2日目の8月30日はバンド初の野外ワンマンライブを開催する。メインステージは両日とも、前週に開催されるFUJI ROCK FESTIVALの象徴“GREEN STAGE”をそのままジャックする。

 2つ目ミッションは、10年間の活動で生まれた数々の楽曲たちをコンパイルした、アルバム3作品のリリース。シングルB面曲とカバー曲を収めた『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』、リミックス作品を収めた『MAN WITH A “REMIX” MISSION』、そして10年間の代表曲を集めた『MAN WITH A “BEST” MISSION』の3枚がアニバーサリーイヤーに発売される。第1弾の『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』発売日は4月1日で、バンドの音楽ドキュメンタリー映画の主題歌「The Victors」も収録される。

■『MAN WITH A “10TH” MISSION 爆誕祭~TRACE the HISTORY公開直前SP~』セットリスト
01. DON’T LOSE YOURSELF
02. DANCE EVERYBODY
03. Mash UP the DJ!
04. evils fall
05. Survivor
06. 2045
07. Remember Me
08. The Victors
09. FLY AGAIN -Hero’s Anthem-