あらゆるものに10万円をかけ、元が取れるかどうかをサンドウィッチマンとKis-My-Ft2が検証していく、テレビ朝日系実験バラエティー番組『10万円でできるかな』。きょう10日放送分(後8:30~9:48)では、キスマイが建物価値0円の空き家を大改修する企画を実施。家の価値を上げるDIY&すぐ真似できるお掃除テクニックで、家の価値が何円上がるか検証する。

【写真】SNSで話題となった伊達みきお

 参戦するキスマイ・メンバーは地道な作業が大好きな土木担当=二階堂高嗣、キレイ好きで特に水回りにこだわる水担当=北山宏光、電脳ボーイ=宮田俊哉。さらに助っ人として、お掃除大好き主婦=渡辺美奈代、自宅の約半分を自分で手掛けた竹若元博(バッファロー吾郎)も出陣し、築35年の残念な0円空き家にギュンギュン磨きをかける。

 家に着くや「今回も爆上げしていきましょう!」(北山)、「もうチャリンチャリンです!」(二階堂)と自信をのぞかせるメンバーは、カビのすみかと化した「浴室」、古びた「洗面所」や「和室」を生まれ変わらせるべく、プロの業者ばりに活躍。みんなですぐ真似できるプロの(秘)お掃除テクニックを駆使する一方、二階堂が超大胆なDIYも敢行するなど、前回より手慣れた様子で空き家に手を加えていく。不動産鑑定士による査定価格はどれだけ上がるのか。

 さらに、先月13日放送分で当せん発表を行い、すっかり終わったかと思っていた年末ジャンボ宝くじ企画がリターン。番組史上最多となる5本の10万円当たりくじを引き当て、大興奮で終わった年末ジャンボの当せん発表の続きをお届け。サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけし、キスマイの横尾渉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太、二階堂の6人が追加で買っておいたジャンボ宝くじの当せん発表を行う。

 6人が宝くじを買った売り場から10億円の当たりくじが2本も出ている上に、当せん者がまだ換金に来ていないことが判明。夢と希望がパンッパンにふくらむ中、実は6人の中に“高額当せん”を引き当てた人が…。一体誰が、いくら当てたのか!? 年末ジャンボ延長戦の行方にも注目だ。