歌手の華原朋美が9日、都内のホテルで行われたガールズオーディションプロジェクト『DUO presents TGC AUDITION 2020』に参加。特別審査員として日本全国から集まったスターを目指す35人を審査し、選ばれた未来の原石へ自身の経験談から芸能界の厳しさを伝えた。

【動画】芸能界の厳しさを語る華原朋美「波あり谷あり」

 同オーディションは、『東京ガールズコレクション』がプロデュースし、大手芸能プロダクション8社による、令和時代のスターを発掘するガールズオーディションプロジェクト。モデルやタレント、女優などを目指す9歳以上の女性で特定の芸能プロダクションに所属していないアマチュアを対象に募集。第一次審査から第三次審査を経て35人が登場し、この日、最終審査に臨んだ。

 自己紹介やダンス、歌唱など各々自己PRした最終審査終了後、インセント、エイジアプロモーション、エイベックス・マネジメント、エー・プラス、ジャパン・ミュージックエンターテイメント、VAZ、プラチナム、プロダクション尾木8社がドラフト会議を実施。各社最小2位、最大4位まで選択指名し、重複指名の場合は抽選というプロ野球のドラフト会議のように行った。

 第1巡で各社指名する中、プロダクション尾木は沖縄県出身の小学生・加蘭桃子(12)さんを指名し、交渉権を獲得した。華原は「芸能界はそんなに甘いところではないし、良いことばかりではないので…」ときっぱり。続けて「すごく、努力が必要な時がたくさん出てくると思うので、その努力を怠らなければ、自信を持って前に進めるのではないかと思います」と芸能界の先輩としてアドバイスを送った。

 また、自身の経験談も話「私なんかは、いろんなことがあって、『波あり谷あり』(※山)といろんなことを経験させていただいてますが、それでもこうして立っていられるのは、ファンのみなさんのおかげだと思っています。ファンのみなさんを大切に思って頑張ってもらいたいです!」と波乱万丈な芸能生活を伝えた。

 これを聞いて加蘭さんは「選ばれた実感がないのですが、芸能界は『谷あり山あり』で…。気を抜かないように頑張ります」と緊張しながら華原のコメントを引用すると会場は爆笑。華原は「でも、本当にそうなのよ…」と念を押しながら「オーディション受けても落ちてばっかりで、最後は遅刻をしてオーディションに行くという、『もう、オーディションって何だろう?』という時にある方と出会って急に運命が変わった」とかみしめるように語っていた。

 「その後は、山あり谷ありという感じでしたが、今はかわいい息子もすくすくと育っていて幸せいっぱいです!」と幸せな日々を送っていると伝えた。