昨年末、世界的工業デザイナー奥山清行氏×演出家・映画監督松尾衡氏が再現する「記憶の原点」と題し、2019年の「ガンダム40周年」および2020年の「ガンプラ40周年」を彩る特別なガンダム『G40』が登場し話題となった。そして、本機体を使った女体ポーズをTwitterにアップし、1.7万リツイート、3万いいねとバズった漫画家・貞松龍壱氏(@ryuichizzz)を取材。ガンプラ可動域進化への想いや、「人間らしいフォルムや動き」に見出した“ガンプラの未来”について聞いた。

【写真】セクシーあり、笑いあり、ガンプラは自由な発想で勝負!ジムに負けるシャアズゴック、赤ザクに蹴り飛ばされるアムロ…ランバ・ラルも真っ二つにッ…!!!

■ガンダムから受けた影響は、各国、軍、民間組織、テロリストが運用しているという概念

――貞松さんのご職業を教えてください。

【貞松龍壱】漫画家、イラストレーターをやっております。『別冊少年マガジン』にて「BUSTER DRESS(バスタードレス)」(全4巻)という戦闘ロボットを描いた漫画を連載していました。ほか「モンスターハンター」シリーズのライトノベルの挿絵や、朝霧カフカさん著「ギルドレ」のメカニックデザインなども担当しております。大変光栄な事に「SDガンダム」の30周年を記念して2019年に『ヤングマガジン』から発売された「SDガンダム スペシャルアンソロジー」にも一作品描かせて頂きました。

――Twitterではプラモデルへの取り組みも呟かれています。貞松さんがプラモデルの魅力に目覚めたキッカケは?

【貞松龍壱】最初に触ったプラモデルは食玩だったと思います。我が家では「おまけ付き」と呼んでいました。ロッテのスーパージョイントロボや、カバヤのバイオパズラー。あと記憶に残っているのはカバヤが出していた、アニメ「伝説の勇者ダ・ガーン」の伝説の勇者ダ・ガーンガム。スカイセイバーという飛行機が3体合体するロボットの最後の1体がどこにも売っておらず、父に車で何軒もスーパーを巡らせてしまった記憶があります。本格的にプラモデルに派生していったのは小学3年生くらいの頃に出会った漫画雑誌『コミックボンボン』が強く影響していると思います。新商品の広告や、ライターさんによる作例、武者頑駄無シリーズのコミカライズに、ガンプラを取り上げた漫画(今木商事先生著「プラモウォーズ」)などなど、毎月たくさんの情報が掲載されており、幼い僕は完全にやられてしまいました。5年生くらいから『ホビージャパン』、『電撃ホビーマガジン』なども買い始めましたね。

――やはり、子どもの頃はSDガンダムに惹かれますよね。

【貞松龍壱】最初の頃はアニメのキットではなく、SDガンダムばかり組んでいました。田舎の出身なので、そもそもガンダムシリーズがテレビで一切やっていなかったんですよ。なので、武者頑駄無シリーズや「SDガンダム外伝~黄金神話~」なんかが好きでした。

――昨年、機動戦士ガンダムは40周年を迎えました。ガンダム作品が貞松さんに与えた影響は?

【貞松龍壱】ガンプラでなく、ガンダムから受けた影響といえば、巨大ロボットは各企業が開発し、それを各国、軍、民間組織、テロリストが買い取り運用しているという概念です。自分が作品を作る上でも、この概念を重要視しており、“どこの誰が、どんな設計思想で、どんな理由でこの巨大なロボットを造ったのか”は常に意識するようにしています。巨大ロボットといえば、異星人からの贈り物であったり、一人の博士が作り上げたものだったり、その出自が超常的な場合も多いので「リアル」を意識した作品を作る際には1つの重要なファクターになり得るのかなと思っています。

■「G40」の可動域はガンプラ40周年の集大成

――「G40」にセクシーポーズをさせた理由を教えてください。

【貞松龍壱】(笑)。あれは一見、ただのおふざけにも見えるのですが、実は自分の中では大きな意味を持っています。これはまた、自分が連載していたロボット漫画の話になるのですが、その作品には人工知能を搭載した「アストランティア」という女性型のロボットが登場します。これが女性の人格を有しているものですから、全長12メートルの巨大ロボットのくせに、女の子っぽいぺたん座りをするんですよね。これが中々厄介で、既存のどんなに可動範囲の広いロボットのプラモデルやフィギュアを使ってもシミュレーション出来ないんです。

――プラモデルで女の子座りは可動域的に難しいですね。

【貞松龍壱】それっぽいポーズを取らせても、ただ股関節や膝を折りたたんでいるだけで、くねっとした捻りの効いた「女の子っぽい」感じが全く出せないんです。結果、“二次元の嘘”と設定にない“トンデモ多重関節”を描写する事で無理やりそれっぽいポーズを取らせていたのですが、この「G40」はそれが出来てしまうんですよ。正直、キットが発表されて実際に店舗で購入するまでの間は「意欲的なキットだな」「面白そうだから触ってみたいな」程度の感情だったのですが…。実際に組んで触ってみると、腰のシルエットを損なう事なくぺたんと座るんですよ。一心不乱にポーズを取らせては、気がついたらTwitterに投稿していましたね。気分はまさに「僕が一番、ガンダムをうまく使えるんだ!」ですよ。

――この“可動域”の進化をどう感じられましたか?

【貞松龍壱】進化という以上に、アプローチの仕方が良いなと思いました。中でも特筆すべきはスカートを可動式にせず、1979年当時の描写のままに筒状にした所ですね。以前「可動戦士ガンダム」という商品で、スカートがブロックごと太ももに追従して動くという事をやっていたのですが、これはそれ以上です。この立膝をつく際のモモを高く上げたシルエットは多くの人が衝撃を受けたと思いますよ。ガンプラの可動は、プラ同士の摩擦→ポリキャップ→ABS樹脂→KPS(軟質のプラスチック)と変貌をとげて来ましたが、現時点における“ガンプラの集大成”だと感じました。

――今年はガンプラ40周年という節目です。「G40」の進化をうけて、今後ガンプラはどのように変わっていくと思いますか?

【貞松龍壱】“ガンプラ遊び”においては、劇中ポーズの再現は外せない要素だと思います。「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」の1/144キットには「ファイティングアクション」と呼ばれる、胸の前でライフルを構えるポーズや、武器を大きく振り上げるポーズを再現するための、胴体がぐにっと捻られた状態で造形されたパーツが付いていました。近年は関節の可動によってそれが再現できるようになりました。MGゴッドガンダムは腕組みが出来るよう、胸のパーツが内側にへこむ機構が設けられていました。HGUCグスタフ・カールには太い足でも可動域が確保できるよう、膝に引き出し式の関節が設けられていました。今後も、劇中でバリバリ動く機体を再現するために、今までにない関節や装甲の可動軸が盛り込まれて行くのではと期待しています。

――今後、ガンプラで挑戦してみたい作品やテーマはありますか?

【貞松龍壱】まずは積んでいるキットを組んでいってあげたい所ですが、今後は堅実で丁寧な工作をちゃんと身につけていきたいと思っています。表面処理やスジボリ、設定から抜けているディテールの再現。そう言った堅実的な工作が、実は一番難しく、奥深いものだと実感しています。そして磨いた技術でまた、モビルスーツを“セクシーに彩りたい”ですね。

(C)創通・サンライズ